このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

習志野市財務報告書 

更新日:2020年4月14日

習志野市財務報告書

新地方公会計制度の概要 

 平成18年6月に制定された「行政改革推進法」を受け、同年8月に「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」が示されました。その中で、地方の資産・債務管理改革の一環として「公会計の整備」が求められ、地方公共団体は発生主義・複式簿記の考え方の導入を図り、「基準モデル」又は「総務省改訂モデル」を活用して、地方公共団体単体及び関連団体も含む連結ベースでの財務書類四表を整備することになりました。

統一的な基準の導入

 上記のように、財務書類の作成方法は複数のモデルが混在しており、自治体間の比較が困難であることなど、多くの課題がありました。
 そこで、平成27年1月に総務省より「統一的な基準」による財務書類四表の作成及び活用について要請がありました。
 統一的な基準による財務書類は、当該年度の翌年度の3月末までに各自治体が公表する必要があります。
 習志野市では、平成20年度決算から基準モデルによる財務書類四表を公表してきましたが、平成29年度決算から、「日々仕訳」による統一的な基準の財務書類四表を公表します。

財務書類四表とは

 貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書をいいます。

習志野市では「日々仕訳」による財務書類を作成します

 本市では、平成29年度予算執行から、官庁会計の予算執行と同時に、財務書類作成に必要となる複式簿記による仕訳を行う「日々仕訳システム」を導入しました。
 平成29年度決算より、日々仕訳システムにより作成された財務書類を公表いたします。

平成30年度決算

平成29年度決算

平成28年度決算は「統一的な基準に準じた形」で作成しています

 日々仕訳システム導入にあたるシステム改修により、平成28年度決算の財務書類は決算数値から誘導的に財務書類を作成しました。
 そのため本市では今回作成した財務書類を、統一的な基準に「準ずる」ものと位置づけています。

平成28年度決算

平成27年度決算までは「基準モデル」で作成しています

基準モデルの特徴

 全てのフロー情報(現金の動き)・ストック情報を公正に評価するとともに、発生主義により複式記帳して作成することを前提とした財務書類です。

平成27年度決算

平成26年度決算

平成25年度決算

平成24年度決算

平成23年度決算

平成22年度決算

平成21年度決算

平成20年度決算

財務書類作成開始時の要綱・手引

基準モデルによる財務書類作成開始時に定めた要綱・手引です。
※平成20・21年度に作成した資料なので、平成27年1月23日に総務省が公表した「統一的な基準」とは一部内容が沿わない箇所があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは会計課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎G階(グランドフロア)
電話:047-453-9207 FAX:047-453-7768

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る