子どもの定期予防接種

更新日:2023年05月15日

ページID : 1811

予防接種を受けましょう

予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。
特に、生後2ヵ月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。お子さんの健康が気になるときだからこそ、予防接種は遅らせずに予定どおり受けましょう。

「すこやか ナラシド♪予防接種ナビ」にご登録を!

お子さんの予防接種スケジュールが作成できる「すこやか ナラシド♪予防接種ナビ」、登録料は無料(パケット代は自己負担)です。

み~んな、忘れずに予防接種を受けてね、み~んなと遊べるのを楽しみにしているよ、ナラシドより(音符、ナラシド、ピアノの鍵盤のイラスト)

予防接種はお子さんの病気を予防し、健康を守るうえで大切なものです。習志野市では予防接種法に基づいて定期予防接種を実施しています。対象年齢、接種回数、接種間隔を守って接種してください。
定期予防接種は生後2ヵ月から接種可能です。計画的に接種しましょう。
必ず「予防接種と子どもの健康」をお読みになり、接種してください。

定期予防接種(法に定められた予防接種)の受け方

定期予防接種の詳細
  内容 備考
受け方 受けたい予防接種の対象年齢内に医療機関で接種
  1. 受けようとする予防接種の種類を決める
  2. 医療機関(市内の医療機関は (注釈1)参照)で予約(必要時)
  3. 予防接種は保護者同伴
    保護者以外の人が同伴する場合は、「委任状」(注釈2)が必要。委任状は各ヘルスステーション、健康支援課もしくは習志野市のホームページからもダウンロード可能
  4. 習志野市の予診票がない場合、無料で受けることはできません。

費用 無料 以下の場合は、任意接種のため有料
  1. 定められた接種間隔以外の場合や接種回数が超過した場合、対象年齢外での接種
  2. 習志野市が指定していない医療機関で予防接種をした場合
  3. 定期予防接種以外の予防接種
持ち物
  • 母子健康手帳
  • 習志野市の予診票

(バーコードシールを持っている場合は貼付。シールが無い場合は予防接種番号を記入)

  1. 習志野市から転出した場合は習志野市の予診票は使用不可
  2. 母子健康手帳を紛失した場合、健康支援課へ
  3. 転入や予診票を紛失した等で習志野市の予診票を持っていない場合は、

【乳幼児~7歳6か月未満】

【9歳以降】

接種場所

習志野市個別予防接種実施医療機関 (注釈1)

千葉県内定期予防接種実施医療機関

  1. 千葉県内定期予防接種実施医療機関で接種を希望する人は、受ける前に健康支援課へ問合わせ
  2.  県外の医療機関で予防接種を受けたい場合…やむを得ない事情により、県外で予防接種を希望される場合は手続きが必要、詳細は健康支援課へ問合わせ

 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期予防接種を受けられなかった人、骨髄移植などで医師から定期予防接種の再接種が必要と言われた人は、健康支援課にご相談ください。

 

乳幼児対象の予防接種

乳幼児対象の予防接種の詳細
予防接種名 対象年齢 望ましい受け方
Hib(ヒブ)感染症 生後2ヵ月〜 5歳未満
 接種開始年齢によって、接種回数・間隔が異なります
初回接種
生後2ヵ月〜7ヵ月未満までに接種開始
4〜8週間の間隔をあけて、1歳のお誕生日の前日までに3回接種
追加接種
3回目終了後から7〜13ヵ月の間隔をあけて1回接種
 ※生後7ヵ月〜13ヵ月ではありません

上記以外 

  • 生後7ヵ月〜12ヵ月未満で接種開始:初回2回接種+追加1回接種
  • 生後1歳〜5歳未満で接種開始:1回接種で終了
小児の肺炎球菌感染症 生後2ヵ月〜 5歳未満
 接種開始年齢によって、接種回数・間隔が異なります
初回接種
生後2ヵ月〜7ヵ月未満までに接種開始
4週間以上の間隔をあけて、1歳のお誕生日の前日までに3回接種
追加接種
3回目終了後から60日以上の間隔をあけて生後12ヵ月〜15ヵ月の間に1回接種

上記以外 

  • 生後7ヵ月〜12ヵ月未満で接種開始:初回2回接種(生後12ヵ月未満まで)+追加接種1回(生後12ヵ月以降)
  • 生後1歳〜2歳未満で接種開始:60日以上の間隔をあけて2回接種
  • 生後2歳〜5歳未満で接種開始:1回接種で終了
B型肝炎 1歳未満 生後2ヵ月〜9ヵ月未満までの間に4週間以上の間隔をあけて2回接種
1回目から20週以上経過してから3回目接種
ロタウイルス感染症
(2種類のうちどちらかを選択)
出生6週0日〜24週0日の間 ロタリックス
生後2ヵ月〜出生14週6日後までの間に開始
4週間以上の間隔をあけて全2回経口接種
出生6週0日〜32週0日の間 ロタテック
生後2ヵ月〜出生14週6日後までの間に開始
4週間以上の間隔をあけて全3回経口接種
ジフテリア・
百日せき・
破傷風・
ポリオ
(4種混合)
生後2ヵ月〜
7歳6ヵ月未満
第1期初回
3〜8週間の間隔をあけて、1歳のお誕生日の前日までに3回接種
第1期追加
3回目終了後から12〜18ヵ月の間隔をあけて1回接種
 ※生後12ヵ月〜18ヵ月ではありません
BCG 1歳未満 生後5ヵ月〜8ヵ月未満までの間に1回接種

麻しん風しん混合(MR)
(注釈1)

(注釈2)

 

1歳〜2歳未満 第1期
1歳になったらできるだけ早く1回接種
小学校就学前の1年間 第2期
対象年齢になったらできるだけ早く1回接種
水痘(水ぼうそう) 1歳〜3歳未満 1回目
生後12ヵ月〜15ヵ月未満までの間に1回接種
2回目
1回目終了後6〜12ヵ月の間隔をあけて1回接種
日本脳炎 生後6ヵ月〜
7歳6ヵ月未満
第1期初回
3歳で、1〜4週間の間隔をあけて2回接種
第1期追加
2回目終了後から、おおむね1年後に1回接種(4歳)

(注釈1) 麻しん(はしか)または風しんにかかったことが明らかな場合に、かかってないほうの単抗原ワクチンを選択することも可能です。

(注釈2)対象年齢内での麻しん風しん混合(MR)接種が未接種の人は、習志野市独自の予防接種制度があります。

児童生徒対象の予防接種

児童生徒対象の予防接種の詳細
予防接種名 対象年齢 望ましい受け方
日本脳炎 9歳〜13歳未満

小学校4年生のお子さんに予診票を個別に送付

第2期
1回接種

特例措置

平成19年4月1日以前に生まれた20歳未満の人 : 全4回(第1期:3回、第2期:1回)を完了していない場合は、不足分を接種可。

接種するには専用の予診票が必要。

【日本脳炎予防接種の特例措置】

ジフテリア・
破傷風(DT)(2種混合)
11歳〜13歳未満

小学校6年生のお子さんに予診票を個別に送付

第2期
1回接種

ヒトパピローマウイルス感染症

(HPV)

(子宮頸がん予防ワクチン)

(注釈)

小学校6年生から高校1年生相当年齢女子

中学1年生の女子に予診票を個別に送付

3種類のうち1種類を選択

  • サーバリックス  3回接種
    • 1回目から1ヵ月後に2回目
    • 1回目から6ヵ月後に3回目を接種
  • ガーダシル  3回接種
    • 1回目から2ヵ月後に2回目
    • 1回目から6ヵ月後に3回目を接種
  • シルガード9 2回接種もしくは3回接種
    • 開始年齢により接種回数が異なる
キャッチアップ接種
(接種の機会を逃した方)

平成9年4月2日から平成19年4月1日の間に生まれた女子
(令和4年度内に対象者へ予診票を個別送付済)

3種類のうち1種類を選択

  • サーバリックス 3回接種
    • 1回目から1ヵ月後に2回目
    • 1回目から6ヵ月後に3回目を接種
  • ガーダシル 3回接種
    • 1回目から2ヵ月後に2回目
    • 1回目から6ヵ月後に3回目を接種
  •  シルガード9 3回接種
    • 1回目から2ヵ月後に2回目
    • 1回目から6ヵ月後に3回目を接種

(注釈)ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチンの望ましい受け方等詳細については下記ページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-9302 ファックス:047-454-2030
キャッチボールメールを送る


この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください