このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.36 平成11年5月1日号 習志野に残っていたドイツ民謡

更新日:2012年9月20日

習志野に残っていたドイツ民謡

 大正4年(1915年)から同8年(1919年)まで東習志野にあった、第一次世界大戦のドイツ人捕虜収容所については、このコーナーでも既に何回か取り上げましたが、去る2月20日には、習志野市民会館に大学教授のぺーター・パンツァー博士をお招きして、「大正8年の青きドナウ」と題する講演会を行いました。
 博士は、貴重な資料を使って、習志野にはドイツ兵ばかりでなくオーストリアの捕虜もいたこと、彼らは巡洋艦カイゼリン・エリーザベト号で日本に親善訪問に来たところ、皮肉なことに日独間の戦争に巻き込まれてしまい、捕虜として習志野で暮らすことになったことなど、これまであまり語られていない興味深い話を聞かせてくださいました。

 ところで、博士は講義の中で、習志野のドイツ兵が書き残した彼らの歌「ナラシノ・シュナーダヒュップフェル」を披露してくださいました。これは、南ドイツとオーストリアだけで唄われる戯れ歌で、一人が即興で歌っては全員でリフレイン(繰り返し)を、また次の者が歌ってはリフレインをと、ぐるぐる回していき、即興に詰まってしまった者が罰としてその場のビール代を出す、という楽しい歌です。「ナラシノ・シュナーダヒュップフェル」には、捕虜生活の苦楽のスケッチが、南ドイツ方言で歌われています。
 この日、会場にお見えになった谷原三郎さん(実籾町4丁目在住)は、博士の歌を聴いて、思わず「あッ!」と思ったそうです。谷原さんのお母さまは既にお亡くなりですが、大正のこの頃には、ドイツ兵の洗濯を手伝いに、収容所へ通われていたそうです。谷原さんが驚いたのは、この歌が、お母さまが生前、掃除のときなどによく口ずさんでいたメロディーだったからでした。お母さまは、収容所から流れてくる調子のよいこの曲を耳で覚え、後々まで忘れずにおられたのでした。
 習志野にドイツの民謡が残っていた、しかもそれを伝えたのは第一次世界大戦で異郷の地に捕虜として生活していた人々で、それを聞き覚えたのも私たちの郷土の人々でした。習志野市史にとっては、この上なく貴重な発見となりました。
注釈:パンツァー博士の講演録は、各図書館で閲覧することができます。また「シュナーダヒュップフェル」の楽譜を用意しました。歌ってみたい人は、社会教育課までお申し出ください。

楽譜「シュナーダヒュップフェル」
この曲に合わせて歌をつくります

ぜひ「シュナーダヒュップフェル」のメロディーを聴いてみてください。

楽譜はこちらから印刷できます。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る