このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

習志野七福神巡り

更新日:2017年9月11日

習志野七福神巡り

七難即滅、七福即生

 七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。この七つの福が七福神の信仰につながっています。

習志野七福神巡り

 七福神巡りの拝観料は無料です。正月は元旦から3日までと、2月から12月は毎月7日に巡礼すると習志野七福神会発行の色紙(1枚1,000円)に印を押してもらえます。色紙は各寺院で購入することができます。

(2015年12月18日号 ちいき新聞掲載)

七福神色紙
七福神巡りで七つの印が揃った色紙

七つの寺院

西光寺(さいこうじ)(毘沙門天)

本尊は阿弥陀如来。1872年の学制発布とともに谷津小学校として使用されていました。

  • 住   所 習志野市谷津1丁目2番15号
  • 参拝時間 午前9時〜午後5時
  • アクセス 京成津田沼駅から徒歩9分

東福寺(とうふくじ)(恵比寿)

本尊の薬師如来は天文年間に老僧が「負奉り東方より来り本尊に置き去りしもの」と伝えられ、行基菩薩の作ともいわれています。

  • 住   所 習志野市谷津2丁目11番17号
  • 参拝時間 午前9時〜午後5時
  • 問 合 せ 047-452-1755
  • アクセス 京成津田沼駅より徒歩10分

東漸寺(とうぜんじ)(福禄寿)

本尊は地蔵菩薩。詳しい建立年代は不詳ですが慶長・宝永年間と言い伝えられています。明治初期、菊田小学校として使用されていました。

  • 住   所 習志野市津田沼4丁目1番21号
  • 参拝時間 午前9時〜午後5時
  • アクセス 京成津田沼駅より徒歩3分

慈眼寺(じげんじ)(大黒天)

本尊は観世音菩薩。境内に観音堂があります。室町時代から続く寺院であろうと想定されています。

  • 住   所 習志野市鷺沼3丁目6番30号
  • 参拝時間 午前9時〜午後5時
  • 問 合 せ 047-452-1018
  • アクセス 京成津田沼駅より徒歩13分

正福寺(しょうふくじ)(布袋尊)

本尊は観世音菩薩。観音堂裏手に筆子の碑があります。近村から筆子(弟子)を集め寺子屋を開き、読み書きそろばんを教えていました。台石には67名の名が刻まれています。

  • 住   所 習志野市藤崎2丁目11番19号
  • 参拝時間 午前9時〜午後4時30分
  • アクセス 京成津田沼駅より徒歩15分

薬師寺(やくしじ)(弁財天)

大久保の開祖といわれる市角頼母家の持仏堂であったとされています、明治中期、大久保小学校仮校舎として利用されていました。

  • 住   所 習志野市大久保1丁目17番14号
  • 参拝時間 午前9時〜午後5時
  • 問 合 せ 047-472-0126
  • アクセス 京成大久保駅より徒歩3分

無量寺(むりょうじ)(寿老人)

聖徳太子作といわれる阿弥陀如来を本尊とし、運慶作といわれる正観音菩薩を脇侍としています。明治初期には、住職によって寺小屋も行われており、庶民の子弟100人余りを指導していたといわれています。

  • 住   所 習志野市実籾2丁目13番1号
  • 参拝時間 午前9時〜午後4時30分
  • アクセス 京成線実籾駅より徒歩1分

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは産業振興課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-7395 FAX:047-453-5578

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る