このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.114 平成21年5月15日号 市史を食べよう7

更新日:2010年12月16日

市史を食べよう ドイツ捕虜編7

食に歴史あり。習志野の歴史の中でどんなものが食べられてきたのか、レシピを調べて歴史を“食べて”みることも、実に興味深いものです。今回は、大正のドイツ捕虜が収容所で食べていた料理を紹介するシリーズの最終回。
東部ドイツの商業都市ライプツィヒの名を冠する野菜料理“ライプツィガー・アラーライ”をご紹介しましょう。“アラーライ”とは、あれもこれもという意味。ちょっと八宝菜のようなお料理です。
大正7年12月8日(日曜)お昼のメニューに登場しています。
※習志野市国際交流協会の皆さんのご協力で、当時のレシピの料理を再現しました。

ライプツィガー・アラーライ
■材料・分量(4人前)
さやいんげん………………………200g
グリーン・アスパラガス……………200g
グリンピース………………………100g
ニンジン……………………………1本
カリフラワー…………………………小1個
大正エビ……………………………12尾
バター………………………………30g
塩、砂糖……………………………少々
パセリ………………………………2分の1本
辛口白ワイン………………………100ml
生クリーム…………………………200ml
カイエンヌペッパー、ナツメグ、
 白こしょう…………………………少々

■調理方法
(1) 野菜をすべて3cmくらいに切ります。洗って、水を切っておきます。
(2) エビの背腸を取っておきます。
(3) 野菜をゆでるお湯を沸かし、塩適量、砂糖1つまみ、バター小さじ1を入れたら、野菜を1種類ごとに中火でゆっくりゆでては、氷を入れた冷水に取ります。これを繰り返しますが、ゆで汁は捨てないこと。ゆでている間に、パセリをみじん切りにしておきます。
(4) お湯・同量の白ワインにパセリの茎を入れてエビをゆで、皮をむきます。
(5) ソースを作ります。(3)の野菜のゆで汁を約200ml取り出し、白ワインを加え火にかけます。生クリームを注いで、煮汁が約半分になるまで静かに煮立てます。煮立ったら、塩、こしょう、カイエンヌペッパー1つまみ、砂糖1つまみ、ナツメグ少々で味付けします。
(6) フライパンにバターを適量入れ、エビを炒め、軽く塩こしょうします。エビを取り出したら、ゆでた野菜を1種類ずつ順に炒め、塩こしょうします。温めた大きな皿に具をすべて載せて、混ぜ込んだら(5)のソースを注ぎます。最後にパセリのみじん切りをかけます。

こうしたドイツ料理が習志野の地で毎日盛んに作られ、1,000人のドイツ兵のおなかを満足させていた─習志野の歴史には、そんな1ページが埋もれているのです。あなたも、歴史の中から「味の発掘」をしてみませんか。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る