このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税Q&A

更新日:2018年12月5日

軽自動車税Q&Aについて

問1:年度途中でバイクを登録したり、廃車したときの税金はどうなりますか?

答:軽自動車税は、毎年4月1日現在で軽自動車等を所有している人にかかります。
また、自動車税には月割課税制度がありますが、軽自動車税には月割課税制度がないので、月割での課税や還付はありません。したがって賦課期日である4月1日を過ぎて(4月2日以降)廃車の手続きをした場合は、その年度の軽自動車税は全額納めていただくことになります。逆に4月2日以降に取得し、登録したものについては、その年度の軽自動車税はかかりません。

問2:今年の3月20日に、友人に原付(原動機付自転車(125cc以下)、ミニカー、小型特殊)を譲ったのに納税通知書が届きました。どうしてなのでしょうか?

答:原付を友人に譲ったときに名義変更の手続きはお済ですか。
軽自動車税はその年の4月1日に軽自動車等を所有している方に課税することになっています。
名義変更の手続きをしないでいますと、あなたに納税通知書が届けられるだけでなく、思いもよらないトラブルや事故に巻き込まれてしまうこともあります。1日も早く申告してください。

排気量125cc以上の二輪車、軽四輪も同じです。
名義変更しないと来年もあなたに課税されますので、必ず申告してください。

なお、市役所で手続きができるのは、原動機付自転車(125cc以下)およびミニカー、小型特殊自動車だけです。
二輪車(125cc超)については運輸支局、軽四輪については軽自動車検査協会にお問い合わせください。

問3:バイクが盗難にあってしまったのですが、手続きはどのようにしたらよいのでしょうか。年度途中でバイクを登録したり、廃車したときの税金はどうなりますか?

答:バイクが盗難にあった場合は、まず最寄りの警察署又は交番、派出所に届け出てください。その際に「盗難届受理番号」「届出警察署名」「届出日」を控え、標識交付証明書と所有者の印鑑、申請する方の身分証明書(運転免許証等)を持参のうえ市役所税制課においでいただき廃車の届出をしてください。
なお、盗難にあったバイクが見つかり、引き続きお使いになる場合は、速やかに市役所まで、廃車の際にお渡しいたしました廃車証明書と登録する方の印鑑、申請する方の身分証明書(運転免許証等)を持参して再登録の手続きをしてください。

問4:車検を受けたいが納税通知書が届きませんどうしたらよいでしょうか?

答:納税通知書の住所は、通常住民登録の住所を使っています。電話等で税制課に確認してください。
なお、車検を受けられる場合、前年以前に軽自動車税の未納があると、送付する納税通知書では車検を受けられませんので、直接窓口で未納分を含めて納付され、車検用の納税証明書を請求してください。

問5:車検が切れて乗っていませんが、どうなりますか?

答:軽自動車税は、4月1日現在の所有者に対して課税されますので、車検が切れていても課税されます、廃車の手続きをして下さい。

問6:納期限が切れてしまいましたが、この納税通知書で納付できますか?

答:軽自動車税は、5月31日が納期ですが、期限を過ぎても納付することが出来ます。税額によって、納付した日までの延滞金が加算される場合があります。

問7:引っ越した場合、どうしたらよいでしょうか?

答:軽自動車税は、4月1日現在の定置場所在の市町村で課税されます。通常は、住民票の住所地が定置場とみなされますが、住民票の住所以外の場所で使用している場合には、その市町村で課税されることになります。
市内で引っ越した場合には、住民票の転居届が出ていれば軽自動車税の手続きは、 必要ありません。
市外へ転出した場合は、市内でそのまま使用する場合を除き、習志野市ナンバーの車両は引っ越し先の市町村、習志野ナンバーのバイクは引っ越し先の管轄の陸運事務所、習志野ナンバーの軽自動車は引っ越し先の管轄の軽自動車検査協会で手続きをして下さい。
県によっては、陸運事務所、軽自動車検査協会でもらう証明書を前住所地の市町村へ送付しなければならない所もありますので、手続きの際には、ご注意ください。

問8:転入した場合の原付バイクの手続きは?

答:転入前の市町村ですでに廃車が済んでいる場合には廃車証明書を,未だ廃車してない場合には今ついている転入前のナンバープレートおよび標識交付証明書をお持ちになって、新しく習志野市のナンバープレートの交付を受けてください。  なお、手続きの際は、所有者印鑑・身分証明書(運転免許証等)もお忘れなく。

※原付バイクには車検制度はありませんが、自賠責保険への加入は法律によって義務づけられています。手続きは、販売店や保険会社にご相談ください。

問9:原付(原動機付自転車(125cc以下)、ミニカー、小型特殊)の標識(ナンバープレート)を紛失しました。廃車できますか?

答:廃車はできます。
しかし、標識(ナンバープレート)は市役所が所有者の皆様にお貸ししているものです。
廃車申告書のほかに標識(ナンバープレート)を紛失してしまった理由について申出書を書いていただきます。そのほか標識(ナンバープレート)の弁償金として200円かかります。

問10:軽自動車等の所有者(納税義務者)が死亡した時の手続きについて

答:軽自動車税は毎年4月1日現在、車両を所有している人に対して課税される税金です。

所有者(納税義務者)が死亡した場合は、名義を変更するときはその事由が発生した時から15日以内、もう使用しない車両であれば廃車手続きを30日以内に行ってください。

(注意)所有者がお亡くなりになった場合でも、手続きをしないと課税されます。

手続きは所有する車両の種類等により、窓口が変わります。

原動機付自転車(125CC以下)ミニカー等「習志野市」ナンバーのもの

習志野市役所税制課  庁舎GF
※廃車時には、標識(ナンバープレート)の返却が必要です。紛失により標識を返却できない時は弁償金(200円)がかかります。

そのほかの車両につきましては、下記をご覧ください。

習志野ナンバーについて(125ccを超えるバイクや軽自動車)

オートバイ・軽二輪の習志野ナンバーの管轄は、千葉運輸支局習志野支所、 軽自動車の習志野ナンバーの管轄は、軽自動車検査協会千葉事務所習志野支所で、共に習志野市、八千代市、船橋市、市川市、鎌ケ谷市、浦安市、印西市、白井市、印旛郡(栄町)の8市1郡が管轄市町村となりますが、軽自動車税は、登録されている定置場の市町村で課税します。従いまして、軽自動車税については、各市町村に問い合わせしていただくこととなります。
<連絡先>
千葉運輸支局習志野支所
050-5540-2024
軽自動車検査協会千葉事務所習志野支所
050-3816-3115

問い合わせ先

このページは税制課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎G階(グランドフロア)
電話:047-453-9247 FAX:047-453-9248

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る