このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

自主防災組織の結成

更新日:2022年3月29日

自主防災組織結成までの流れ

1.町会・自治会内で話し合う

町会・自治会の会長や役員などで、自主防災組織の必要性、メリットなどを話し合います。
なお、自主防災組織結成の目安は、世帯の数が概ね50以上の町会・自治会等となります。

2.規約、防災計画等の素案を作成する

自主防災組織の中心となるメンバーを選出し、規約、防災計画、組織の班編成等の素案を作成します。規約、防災計画、班編成の例は下記をご参照ください。

組織の編成例
班編成 平常時の活動 災害時の活動
本部
  • 市役所、消防署との連絡調整
  • 防災訓練、研修会の実施
  • 各班との連絡
  • 市役所、消防署への連絡
情報班
  • 危険箇所の確認
  • 情報収集・伝達訓練の実施
  • 安否確認
  • 被害状況の収集
消火班
  • 消火器具の点検
  • 家庭内の安全点検の指導
  • 初期消火活動
  • 出火防止の呼びかけ
救出・救護班
  • 救出・救護用品の点検、整備
  • 生き埋め者などの救出
  • 負傷者の応急手当
避難誘導班
  • 避難場所や避難経路の確認
  • 要支援者の把握
  • 避難経路の安全確認
  • 住民の避難誘導
給食・給水班
  • 給食・給水訓練の実施
  • 備蓄食料等の整備
  • 食料、飲料配分
  • 炊き出し活動

※上記は一例です。各組織の実情にあわせて班編成を行ってください。

3.総会で同意を得る

作成した規約等の素案をもとに、町会・自治会の総会等で、自主防災組織の結成について住民の同意を得ましょう。

4.市役所へ書類を提出する

組織結成初年度に限り、ご希望される防災資機材(上限20万円)を現物で交付します。
市役所危機管理課に、規約、防災計画、防災資機材等交付申請書、資機材一覧表等を提出してください。

5.住民へ周知する

自主防災組織の結成後、町会・自治会内の住民に回覧板や掲示板等で周知を図りましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは危機管理課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9211 FAX:047-453-9386

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る