平和市民代表団 (広島・長崎派遣)

更新日:2022年11月02日

ページID : 10792

広島・長崎市平和式典へ市民代表団を派遣しています。

 戦争について語れる方が年々少なくなっています。平和を守っていくには、私たち1人ひとりが、戦争を体験した方の心に深く刻まれた悲しみや思い、戦争の傷ましい事実を語れる継承者となっていかなくてはなりません。

 市では、戦後50年目の節目(平成7年)から毎年、被爆地である「広島市」「長崎市」へ戦後世代の中学生、高校生を中心とした『習志野市平和市民代表団』を派遣しています。

 現地では、平和式典に参列し、被爆者の方との交流、原爆資料館などの見学を通して、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の尊さについての認識を深め、継承者の育成を図っています。

構成員

  • 市内中学生:2名
  • 市内高校生:2名
  • 中学校教諭:1名
  • 習志野市原爆被爆者の会:1名 計6名
平和記念公園の噴水前で千羽鶴を持った男子学生や先生の集合写真

令和元年度 長崎派遣

令和4年度広島派遣集合写真

令和4年度 広島派遣

令和4年度の活動

広島派遣(8月5日~8月7日)

ヒロシマ青少年平和の集い

ヒロシマ青少年平和の集い

令和4年度広島派遣では、平和記念式典の参列を始め、市内被爆施設の見学、ヒロシマ青少年平和の集いで全国の青少年と平和について学び、意見交換などを行いました。

日程

  • 1日目 出発式、ヒロシマ青少年平和の集いへの参加、広島市役所旧庁舎資料展示室の見学
  • 2日目 平和記念式典への参列、平和記念公園内千羽鶴献納、袋町小学校平和資料館見学、本川小学校平和資料館見学、とうろう流し、平和記念資料館見学
  • 3日目 ボランティアガイド案内(平和記念公園、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館、原爆ドームなど)

(注意)派遣の詳細は後日報告書として下記へ記載する予定です。

平和記念式典会場内インタビュー

平和記念式典会場内インタビュー

黙とう

黙とう

平和記念資料館

平和記念資料館

ボランティアガイドによる案内

ボランティアガイドによる案内1

ボランティアガイドによる案内2

ボランティアガイドによる案内2

ボランティアガイドによる案内3

ボランティアガイドによる案内3

令和3年度の活動

 令和3年度は8月5日から7日まで、広島市への派遣を計画していましたが、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」において一般席および自治体席を設けない旨が示され、参加を予定していた「ヒロシマ青少年平和の集い」についてもオンラインでの開催となったことから派遣事業を中止しました。
 また、平和市民代表団の結成については、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の尊さについてより深く学び、考えるための契機の一つである、被爆者の方との交流や式典への参列が中止となり、十分な学習の時間を確保できないことから代表団を結成しないこととしました。

令和2年度の活動

令和2年度平和市民代表団の派遣事業は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止しました。

令和元年度の活動

長崎派遣(8月8日〜8月10日)

山王神社に1本の柱で立っている二の鳥居を触っている男子生徒の写真

青少年による山王神社 二の鳥居の案内

令和元年度長崎派遣では、長崎原爆犠牲者慰霊式平和祈念式典の参列を始め、市内被爆施設の見学を行い、青少年ピースフォーラムでは、全国の平和使節団の青少年と平和について学び、意見交換などを行いました。

日程

  • 1日目 出発式、青少年ピースフォーラム(1日目)への参加、平和の灯コンサート見学
  • 2日目 城山小学校見学、長崎原爆犠牲者慰霊式平和祈念式典の参列、青少年ピースフォーラム(2日目)への参加、原爆資料館見学、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館見学、グラバー園見学
  • 3日目 長崎市内の被爆施設を見学

(注意)派遣の詳細はページ下部の報告書へ記載しております。

大きな木の下に原爆殉難者之碑が建てられている城山小学校を見学に訪れた数名の男子学生の写真

城山小学校

平和式典に集まった参加者にインタビューをしている2名の男子学生の写真

平和式典でのインタビュー

原爆資料館内でガラスケースの中の展示品をのぞき込んでいる男性の写真

原爆資料館

原子爆弾落下中心地碑を見ている人々の写真

原爆落下中心地

次世代へ繋ぐ

福祉ふれあいまつりで、千葉県のマスコットキャラクター チーバくんと4名の男性がレッドカーペットの上に立ち発表している様子の写真

福祉ふれあいまつりでの発表

団員は一人でも多くの方に平和の尊さを知ってもらうため、それぞれの学校や市内のイベントで、長崎派遣で学んだことを報告しています。

茶色い募金箱を持っている男子学生の前で、黄色の洋服を着た女の子が茶色い募金箱に募金をしている後ろ姿の写真

福祉ふれあいまつりでの募金活動

 また、次世代へ平和派遣を繋げるため、習志野市原爆被爆者の会の方と一緒に、10月27日に福祉ふれあいまつり、11月9日と10日には食とくらしの祭典で平和基金の募金活動を行いました。
 たくさんの方々に御協力いただき、ありがとうございました。

平和基金については下記リンクを参照ください。

報告書 『未来へ平和を語り継ぐ』

 派遣の報告書として『未来へ平和を語り継ぐ』を発行しています。市内各公民館、図書館、学校にて閲覧が可能です。
 また、協働政策課で貸し出しをしています。

(注意)上記より令和元年度長崎派遣の報告書が閲覧できます。

この記事に関するお問い合わせ先

このページは協働政策課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9301 ファックス:047-453-5578
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください