住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金

更新日:2022年09月29日

ページID : 10553

本市では家庭における地球温暖化対策の推進に加え、電力の強靭化を図るため、住宅用設備などを設置した人に対し、設置費の一部を補助します。
令和3年度まで実施していた住宅用省エネルギー設備等設置費補助金の対象設備及び補助額を見直し、令和4年度より住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金制度を開始します。

主な変更内容

太陽光発電設備(太陽光発電システム)に対する補助廃止

代替措置として、千葉県が太陽光発電設備等の購入希望者を募集し、一括して発注することにより、スケールメリットを活かした価格低減を図る購入支援事業を新たに実施します。
詳しくは、千葉県のホームページをご覧ください。

蓄電池の補助単価の引下げ

販売価格が低下していることから、補助単価を10万円から7万円に引き下げます。

補助対象設備の新設

電気自動車を導入した人、V2H充放電設備(電気自動車と住宅の間で相互に電気を供給できる設備)を設置した人に対する補助を開始します。

NEW お知らせ(令和4年7月1日)

残価設定型ローンで電気自動車を導入した場合も対象

この補助金の財源である千葉県住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金取扱要領が令和4年7月1日に改正されたことを受け、残価設定型の契約の所有権留保付きローンで電気自動車を購入した場合も補助対象となりました。令和4年4月1日から6月30日までに購入したもの(自動車検査証の登録年月日または交付年月日が令和4年4月1日から6月30日までのもの)も対象です。

令和4年度習志野市住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金の概要

補助対象設備

 補助対象設備の要件、補助対象者、提出書類などは「令和4年度習志野市住宅用省設備等脱炭素化促進事業補助金のご案内」をご覧ください。
(注意)令和4年4月1日以降に設置または導入されたものが補助の対象です。

補助対象設備の詳細
設備名 補助金額 注意事項
家庭用燃料電池システム(エネファーム) 習志野市営ガスを使用する場合
上限30万円

その他のガスを使用する場合
停電時自立運転機能があるものは上限10万円
停電時自立運転機能がないものは上限5万円
 
定置用リチウムイオン蓄電システム 上限7万円 太陽光発電システムの併設が必要
窓の断熱改修 補助対象経費の4分の1

上限8万円
新築・建売は対象外
太陽熱利用システム 上限5万円 集熱方式が自然循環型に分類されるものは対象外
電気自動車

太陽光発電設備、V2H充放電設備を併設している場合、上限15万円

太陽光発電設備のみ併設している場合、上限10万円

太陽光発電システムの併設が必要
V2H充放電設備(電気自動車と住宅の間で相互に電気を供給できる設備)

補助対象経費の10分の1

上限25万円

太陽光発電システムの併設、電気自動車の導入が必要
  • 補助対象設備は、申請者が使用する未使用品(電気自動車については新車)に限ります。なお、併設設備についてはリース契約でも構いません。
  • 申請期間内に設置工事を開始し、完了していることが条件です。
  • 補助対象経費(税抜で、他の補助金の交付を受けている場合は、その額を差し引いた額)が補助金額の上限未満の場合は、補助対象経費を上限額とし、1,000円未満の端数は切り捨てます。

 補助対象設備ごとに各補助事業実施団体の認証を受けている等の要件を満たしている必要があります。要件を満たしているかの確認は、各補助事業実施団体のホームページをご覧ください。

申請期間

申請期間の詳細
補助対象設備 申請期間
  • 習志野市営ガス以外を使用する家庭用燃料電池システム(エネファーム)
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム
  • 窓の断熱改修
  • 太陽熱利用システム
  • 電気自動車
  • V2H充放電設備
令和4年4月1日(金曜日)から
令和5年2月28日(火曜日)まで
習志野市営ガスを使用する家庭用燃料電池システム(エネファーム) 令和4年4月1日(金曜日)から
令和5年3月17日(金曜日)まで

申請方法・注意点

  • 申請は、補助対象設備の設置後に提出書類をすべてそろえて、習志野市役所4階環境政策課まで提出してください。郵送による申請はできません。
  • 申請受付時間は、土曜日、日曜日、祝日、年末年始(令和4年12月29日から令和5年1月3日)を除く、午前8時30分から午後5時までとします。
  • 申請受付は先着順とし、予算額に達した場合は、申請期間内であっても受付を終了します。その場合は、すでに補助対象設備を設置済みで必要書類がそろっていても受付できません。
  • 先着順とは、来庁順ではありません。正式に受付が完了した順となりますので、ご注意ください。提出書類に不備などがある場合は、すべてそろってからの受付とします。
  • 申請期間や提出書類は、補助対象設備ごとに異なりますのでご注意ください。
  • 修正液など筆跡を消すことができる筆記用具は使用できません。

各種様式

PDF版

ワード版

規則および要綱

 本補助金に関する事項は次の規則および要綱に定められています。これに違反した場合は、交付決定を取り消し、補助金の返還を求めることがありますので、ご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

このページは環境政策課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9291 ファックス:047-453-9311
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください