このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

習志野市まち・ひと・しごと・創生総合戦略

まち・ひと・しごと創生(地方創生)とは

少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたり、活力ある日本社会を維持していくものです。

国の地方創生まち・ひと・しごと創生総合戦略・長期ビジョン

平成26年11月に成立した「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、国は2060年に1億人程度の人口を維持するなどの中長期的な展望を示した「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」を策定するとともに、まち・ひと・しごと創生法に基づき、5か年の目標や施策の基本的方向等をまとめた、第1期(平成27年度から令和元年度まで)の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。第1期「総合戦略」では、「地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする」、「地方への新しいひとの流れをつくる」、「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」及び「時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する」を4つの基本目標とし、取組を進めてきました。

そして、第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が令和元年12月20日に閣議決定されました。これは、引き続き地方公共団体と一体となって、地方創生の深化に取り組むため、第1期の5年間で進められてきた取組の検証を行い、地方創生の目指すべき将来や、令和2年度を初年度する今後5か年の目標や施策の方向性等を取りまとめたものです。
 

国の第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標と横断的な目標

【基本目標】

1.稼ぐ地域をつくるとともに、安心して働けるようにする

2.地方とのつながりを築き、地方への新しいひとの流れをつくる

3.結婚・出産・子育ての希望をかなえる

4.ひとが集う、安心して暮らすことができる魅力的な地域をつくる

【横断的な目標】

1.多様な人材の活躍を推進する

2.新しい時代の流れを力にする

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る