このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

ならしのNOW

更新日:2017年10月12日

いざという時、大切な子どもの命を守るために

2017年10月12日

 9月9日「救急の日」に、モリシア1階センターコートにて、「パパ・ママ救急法講習会」が開催され、23人の小さな子どもを持つ保護者が参加しました。
 乳幼児の救急法に特化したこの講習会は、ボランティアの皆さんで構成されている習志野市地域赤十字奉仕団が主催しています。

 当日は奉仕団員の方による託児もあり、すぐ近くでみていてくださるので安心して講習に集中できました。
 会場には、乳児と幼児の人形が6体ずつ用意されており、数人の班にわかれて講習を受けます。

 喉に食べ物などが詰まってしまったときに取り出す「異物除去法」と、呼吸が確認できない場合に行う「心肺蘇生法」を中心に、講師の方のデモンストレーションを見た後、実際に人形を使って各班で練習をしました。
 乳幼児と大人ではAEDのパッドを貼る位置や人工呼吸の息の吹き込み方などに違いがあるといった知識を得られるだけでなく、練習用AEDを本番さながらに操作することもでき、とても充実した内容です。

 参加者の皆さんは、講師の方も驚くほど真剣そのもの。役割を交代しながら、何度も何度も練習を重ね、2時間の講習はあっという間に終わってしまいました。
 講師の方からのお話によれば、救急法は、1回より2回、2回より3回と練習を重ねるほどに上達します。いざという時に備えるには、何度でも今回のような講習会に参加することが大切だそうです。奉仕団の田所喜美子委員長も、「一回で終わりではなく、続けることに意味があると思って毎年開催している」とお話してくださいました。
 この講習会は今年で6回目。奉仕団の方々の「大切な宝物である子どもを守りたい」という思いが詰まっています。

 習志野市地域赤十字奉仕団は団員を募集しているとのことですので、ご興味のある方は是非、お問い合わせください。

【問合せ】社会福祉課 
【取材】広報まちかど特派員 式守 あかねさん

郷愁感じる 秋の花々

2017年10月10日

 実籾本郷(県立実籾高校付近)の道路沿いで、秋を彩るコスモスやヒガンバナの花が見ごろとなり、ドライバーや道行く人の目を楽しませています。

 9月24日、カメラを手に訪ねてみると、道路沿いの斜面に、白やピンク、紫などの色鮮やかなコスモスと、華やかな紅色の花をつけたヒガンバナが咲き誇っていました。ここでは、2種類の秋の花を同時に楽しむことができます。

 近所の人は、「町内の人たちが、環境美化を心がけ道路沿いの清掃をしています。今年も色とりどりに美しく咲いた花を見ることができ、うれしい。」と話してくれました。

 散歩していた人たちは、「道路沿いに花が咲いていると心が和む。コスモスは丈夫な花で、一度植えると、こぼれたタネによって毎年、花を咲かせてくれる。自然な花は元気があり、美しい。」「昔は、彼岸の時期に田んぼのあぜ道や土手でヒガンバナがいっぱい咲いていたが、最近は花を見かけることが少なくなった。ここで毎年見られるので楽しみにしている。この花を見るとなぜか故郷を思い出す。」と話しました。

 身近なところで秋の風景に出会い、季節の移り変わりをあらためて感じました。あなたも身近な秋を見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材 広報まちかど特派員 中島 正夫さん

初秋の実籾本郷をまち歩き案内人と楽しむ

2017年10月3日

 9月2日土曜日、台風の影響で少し小雨模様の朝、実籾駅前に「習志野四季のまち歩き」の参加者が集合しました。「曲がり家の 安らぎめざす 稲穂みち」と題して、実籾駅から実籾本郷を巡り、旧鴇田家で篠笛などを楽しむプログラムです。
 16名の参加者は、案内人(ならしのコンシェルジュ研究会のメンバー)に付き添われながら、最初の目的地の「JA千葉みらいしょいか〜ご習志野店」を目指します。歩く速さはまちまちですが、案内人が安全に気を付けながら同行してくれるので安心です。

  「JA千葉みらいしょいか〜ご習志野店」で「にんじんジュース」を頂いてちょっと休憩。

 「JA千葉みらいしょいか〜ご習志野店」の次は、昔のたたずまいが残る実籾本郷の小道に入ります。民家の庭先を拝見し、昭和40年代建築の和風母屋と手入れの行き届いたお庭の景観に、一同感激。
 このころには、すっかり天候は回復して、青空が広がります。まち歩きで雨になる事はめったにない、との事。晴れ男や晴れ女がいるのでしょうね。

 旧鴇田家住宅に到着すると、先回りした案内人が、旧鴇田家住宅の中に舞台をしつらえて待っていてくれました。今回は、篠笛、朗読、一弦琴を鑑賞しました。その後、実籾駅の近くで昼食です。
 最後に、毎回お楽しみのお土産は、駅の北側に新しくできたお店の「横浜メロンパン」。案内人から参加者に手渡され、今回も笑顔で解散となりました。

 この「習志野四季のまち歩き」を企画・運営しているのは、「ならしのコンシェルジュ研究会」の皆さんです。平成23年1月に、市民カレッジ14期卒業生を中心に立ち上げ、現在、10名(男性5名、女性5名)が活動しています。「市民カレッジや習志野四季のまち歩きに参加していて、この活動に興味を持った」、「退職後、友だちが少なく、住んでいる習志野の事も知らないので、どうしようかと考えていた」など、加入のきっかけは様々。
 主な活動は、新たなプログラムの企画、コースの下見、まち歩きの実施、地元で美味しいと評判のお店を紹介するための情報収集で、特に、まち歩きの時間配分や混雑の状態を事前に把握するための下見は大切な活動の一つだそうです。これらの活動以外にも、メンバー同士で誘い合って出かけたりすることもあるとのこと。
 コンシェルジュ研究会は、メンバーを募集中です。習志野の事をもっと知りたい、新たなつながりが欲しいという方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

問合せ:ならしのコンシェルジュ研究会
電  話:080-6890-3141

【取材・撮影】広報まちかど特派員 市川 隆子さん

保育所入所などについて、こども保育課に聞いてきました!

2017年9月28日

 こんにちは!広報まちかど特派員になった中川です。
 昨年9月に息子が生まれ、今年の4月から保育所にお世話になることになったのですが、はじめての子育てで、保育関連の情報を集めるのにとても苦労しました。
 市役所に何度も電話したり、お世話になることを検討していた保育園に足を運んだりする中で、もっとたくさんの情報が公に出ているといいなぁと感じ、これから情報が必要となるお母さんたちのために、取材をしたいと思ったのが広報まちかど特派員に応募したきっかけです。
 この1年間は、お母さんのためになる情報を、主に扱っていきたいと考えています。
 今回は、子どもの出生届を出した後にお世話になる「習志野市こども保育課」を取材しました。

こども保育課って何をしているところ?

保育所、幼稚園、こども園の入所入園手続きに関わることをやっています。

  1. 調整係(課内の庶務。私立の保育園に対する給付費の支払い・市からの運営補助金の支払いなど)
  2. 指導研修係(保育の質の維持と向上を目指した研修の企画・現場の管理運営。定期的に訪問し、保育の状況を確認したり、現場からの相談事を一緒に考え、解決策を見出したりしていく。)
  3. 入所・入園係(保護者からの相談対応・保育料関連手続きなど)

お知らせ

 新庁舎に移動し、こども政策課、こども保育課、子育て支援課、児童育成課が横並びになりました。
 また、子育て支援コンシェルジュを配置し、いつでもいろんなご相談が可能です。
 コンシェルジュには、保育所の所長をされていた方などが務めていらっしゃり、行政の手続きにも詳しく、頼もしい方ばかりでした!

保育所・幼稚園・こども園・小規模保育の違いは?

【保育所】家庭に代わって子どもを保育する場所

種別 保育時間 対象年齢 保育料
市立 7時から19時 0から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料
私立

7時から19時
(20時までの園もあり)

0から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料

【幼稚園】3歳児以上が教育を受ける機関

種別 教育時間 対象年齢 保育料
市立

9時から14時
(17時までは預かり保育可能)

4から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料
私立 9時から14時※ 3から5歳児 施設ごとに違い、概ね3から4万円の保育料

※園により異なり、19時まで預かり保育可能な園あり

【こども園】保護者の就労状況に関わらず、教育と保育の両方のサービスを一体的に受けられる。習志野市は幼保連携型で運営。

種別 教育・保育時間 対象年齢 保育料
市立 長時間児 7時から19時 0から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料
市立

短時間児 9時から14時
(17時までは預かり保育可能)

4から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料
私立

長時間児 7時から19時
(20時までの園もあり)

0から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料
私立 短時間児 9時から14時※ 3から5歳児 保護者の方の所得に応じた保育料

※園により異なり、17時までと20時まで預かり保育可能な園あり

【小規模保育事業所】

種別 保育時間 対象年齢 保育料
私立

7時から19時
(8時からの園もあり)

0から2歳児 保護者の方の所得に応じた保育料

保育所・こども園長時間児、小規模保育入所(園)手続きのスケジュールは?

〔4月からの場合〕

流れ 時期
書類配布 11月中

受付(各保育所にて)

12月中
結果 1次 2月下旬
結果 2次 3月中
入所説明会 3月中

〔毎月〕

流れ 時期
受付・役所面談 入所入園の前月1から12日
結果発表 20日前後

説明会(各保育所等にて)

入所後

こども保育課への質問と回答

Q1 急ピッチで保育所を増やしているようですが、質や安全面はどのように考えていますか?

 公募で保育所等の事業者を募集し、審査基準により適当と判断した事業者を選考しています。また、保育所等開設後も定期的に訪問し、安全面や衛生面、その他、様々な観点から保育内容について確認を行っています。

Q2 認可外の施設のうち、助成金が出るか出ないかの選定基準を教えて下さい。

 市内のものは、習志野市の基準を満たした場合には支給しています。 市外(八千代市・千葉市・船橋市)については、県の基準を満たした施設が対象となります。

Q3 二次選考のスケジュールが遅い(3月)のはなぜですか?

 できるだけ多くの方の申し込みを受けるため、一次募集の受付期間を長くしておりましたが、来年度は期間を短くするなど検討しております。

Q4 選考基準の両親の勤務先が通勤時間で計算されないのはどうしてですか?

 使用する公共交通機関によって通勤時間の差がでてしまうため、自宅から勤務先までの距離を基準としています。

Q5 入所後、勤務形態が変わるとどうなりますか?

 月64時間以上働いているようなら、特に変わることはありません。

Q6 第二子が生まれた場合、第一子はそのまま預かってもらえますか?

 育児休業取得中であれば、継続在園が可能です。

Q7 こども園と保育所の教育・保育の違いは?

 市の基準カリキュラムに基づいて運営されており、大きな違いはありません。

Q8 保育ママ制度は検討しないのですか?

 事故を防ぎ、保育の一定の質を担保することを重視して、複数の保育士等が保育する小規模保育事業所を導入致しました。

Q9 各保育所に入所するための最低点を教えてもらえませんか?

 「保育所・クラス年齢別入所決定者数と最低点」を参照ください。

Q10 同点の場合の精査方法を教えてもらえませんか?

 同点審査補助表というものがあり、こども保育課の窓口で公開しているので、必要であればお越しください。

Q11 妊娠中でも保育園の見学ができるようにしていただきたいです。

 母子手帳提示により妊婦であることを確認させていただいた上で、見学可能としていきます。

 今年度から子育て支援コンシェルジュも配置され、ますます充実してきたこども部。お困りの際は、一度ご連絡・訪問してみることをお勧めします!

【問合せ】こども保育課 電話:047-453-7364
【取材】広報まちかど特派員 中川 美穂さん

「マクラメハンギング作り」を通じて世代間交流

2017年9月26日

 東部保健福祉センター内にある芙蓉園にて、「マクラメハンギング一日講習」が8月23日に開かれ、親子や高齢者の方など20組の皆さんが作品作りにチャレンジしました。 このイベントは、夏休みに親子で作品作りを楽しむと同時に、高齢者の皆さんと地域交流を深めてほしいと今回初めて開催されました。

 マクラメハンギングとは、麻ひもを編み、ウッドリングと合わせガラス瓶を吊るす手法のこと。ガラス瓶の中には、観葉植物や貝殻、ステーショナリーなど制作者の思い思いのものを入れて、インテリアとして楽しむことができます。およそ2時間で、写真のような素敵なマクラメハンギングが完成しました。

 参加した子どもたちは「大変そうに見えたが、実際やってみたら楽しかった。」「お年寄りの皆さんが、親切に教えてくれた。うまく出来たのでうれしい。」と話しました。

 また、高齢者の皆さんは「思ったより簡単で楽しかった。頭の体操、そして手の運動になり、認知症予防にもなるので、また挑戦したい。」「地域の人たちが若い人に教えることにより、また作品作りの励みになる。」と話してくれました。

 指導された広澤康子さんは、「一見作るのは難しそうですが、ひもを編んでいくだけなので世代に関係なく誰にでも簡単に作れます。10月5〜7日に芙蓉園で開催される文化祭では、サークルメンバーの作品展示もあるので、ぜひ見に来てほしい。」と話しました。

 世代を超えた今回のイベントは大盛況のうちに終わりましたが、芙蓉園では、60歳以上の方を対象に、さまざまなサークルがあわせて44団体あります。そのほとんどのサークルが会員を随時募集しています。文化祭で興味のあるサークルを探してみてはいかがでしょうか。

東部保健福祉センター内芙蓉園へ

【問合せ】芙蓉園(東部保健福祉センター内)
取材 広報まちかど特派員 中島 正夫さん

起業応援します!起業家交流会&ならしの創業塾

2017年9月20日

 8月6日、「ちば起業家交流会in習志野」が習志野商工会議所で開催されました。このイベントは、起業家同士の情報交換と起業家を応援・支援する仕組みをつくり、地域を活性化へつなげようと千葉県の主催で県内10カ所で開催されています。

 まず、起業家で一般社団法人たからばこ代表理事 保坂栄美さんの講演がありました。テーマは「経営者としてのこれまでと、これから」。
 保坂氏は、平成21年に習志野市で初めての児童デイサービス2型(現在は放課後等デイサービス)を開業。障がいのある児童の放課後療育の場として、下校後や土曜日、長期休暇時に支援しています。その後、エコ活動、子どもシニア食堂などにも活動の場を広げています。(たからばこは、市民活動団体が自主・自発的に行う、まちづくりに役立つ公益的な事業として、平成29年度市民参加型補助金補助対象事業に決まりました。)

 続いて、4名の起業家によるプレゼンテーションが行われ、吉川綾子さん、藤井京子さんもスピーチをしました。
 この二人は、6〜8月に開講された習志野商工会議所主催の「ならしの創業塾」を受講。吉川さんは、無添加・無化学調味料の美味しいビーフシチューの製品化を目指し、藤井さんは、写真・筆文字・文章を通じて感動体験を提供したいとのことでした。

 その後の投票により吉川さんがプレゼンテーションの優良者に選ばれました。

 交流会の中では活発な名刺交換がされ、最後には参加者全員とナラシド♪との記念撮影がありました。

 参加したある男性は、「皆さんと知りあえてよかったです。(交流会と創業塾に参加し)中小企業診断士の先生のアドバイスでイメージの具体化ができました。起業は楽しそうです。異業種交流はためになりました。」と話していました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る