このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

ならしのNOW

更新日:2019年5月17日

広報まちかど特派員などが、習志野の旬な話題やスポットを紹介します!

※記事内容と掲載時期にズレが生じることがあります。ご了承ください。

習志野のウオーターフロント〜茜浜の風景〜

2019年5月17日

習志野のウオーターフロント茜浜は有名企業が連なる企業団地が並び、海岸沿いの堤防に沿ってランニングコース、その内側に一段高い遊歩道(ハミングロード)が続いている。
好天の日はハミングロードを散歩する人が多くみられ、広大な眺望と様々な鳥類を発見でき、市民の憩いのスポットとなっている。

習志野市発行の「ぶらっと習志野観光ガイドブック」を持参し、ハミングロードを散策中、耳を澄ませると“ツツピーコ、ピー”と透き通ったソプラノの音色。
堤防わきのテトラポットに止まり(さえず)る「イソヒヨドリ」(ブルー・ロック・スラッシュ)を発見。時には「つがい」で歓迎してくれることもある。

地元で名付けられたという「茜浜(あかねはま)」は、その名の通り茜色の夕日が美しい。

クリーンセンターが夕日に映えて、日中の忙しい作業を労わるように、静かな(たたず)まいを見せる。
茜色に染まる空と海のグラデーションが絶景。夜間は暗く、人通りは少ない。

ハミングロードの終点には「関東富士見百景」のポイントがある。晴天には富士山がくっきりと浮かび、年2回ほど「ダイヤモンド富士」が見られるのが楽しみ。

好天の日には遊歩道のエントランス付近で、家族連れの姿が見られる。また、少し進むとパークゴルフ場がある。

ハミングロードを進むと「茜浜緑道東経140度通過線」のモニュメントがある。同じ子午線の「世界の国々との恒久の親和を願って建立した。」と記され、未だ見ぬ世界中の人々との遠いロマンを感じさせる。
春の晴れたある日、初めて訪れたらしいお孫さん連れのお祖母ちゃんに、お孫さんが「砂浜はないの、あっちへ行ってみようよ。」などと嬉しそうにはしゃいで歩く姿が見られた。

ハミングロード突端の堤防では、美しい初日の出や京葉港から東京湾を往来する船が見える。

習志野市発行の「習志野駅からマップ」Bコース、(ルート2)では今日ご紹介した内容も含め、JR新習志野駅からの魅力的な散策スポットが満喫できるので、皆様お散歩にどうぞ。

【取材・写真】広報まちかど特派員 佐藤 清志さん

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る