このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

ならしのNOW

更新日:2017年4月25日

農産物を通じてコミュニケーション 〜地元産新鮮野菜いっぱい「農産物直売所」〜

2017年4月25日

 地元でとれた農産物・花などを、生産者が直接販売する「大久保野菜直売所」(大久保東小学校前)が定期的に開かれ、毎回多くの市民で賑わいを見せています。

 この直売所は、平成14年2月にオープンし、原則毎週火曜・木曜・土曜日の午後1時30分から売り切れるまで営業しています。およそ3時間で完売となるそうです。
 4月15日に訪ねた時は、その日の朝に収穫したばかりのネギ、ニンジン、春キャベツ、カブ、菜の花、ワラビ、スナップエンドウなど旬の野菜がいっぱい並んでいました。

 よく利用するという近所の人たちは「新鮮でおいしく、そのうえ安全、安心なのでうれしいです」、「生産者と直接対話ができ、また安いので助かります」と話してくれました。
 直売所の担当者は、「お客さまとのコミュニケーションを大切にし、地元野菜の普及につなげていきたい」と語り、農産物を通じて地域の絆の輪は広がっています。

取材 広報まちかど特派員 中島正夫さん

地域みんなでHUGしよう!H(避難所)U(運営)G(ゲーム)

2017年4月6日

 間もなく東日本大震災から6年が経とうという3月1日、市民プラザ大久保で、災害時の避難所運営について皆で考えることを目的とした「もしもの時のシミュレーションをしてみませんか?」というワークショップが開催されました。
 近年、習志野市の総合防災訓練でも「避難所運営」の試みがなされていますが、地域でのつながりが何と言っても大事です。

 この日は、コープみらい千葉1区ブロック委員会が主催で声掛けし、東邦大学・日本大学ボランティア部の学生たちと地域の人々が参加して「HUG」を行いました。「HUG」とは「避難所運営ゲーム」の頭文字をとった名称で、避難所で起こる出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

 避難者の事情(年齢・家族構成・ペットの有無など)が書かれたカードを使って、部屋割りや仮設トイレの配置など、生活空間の確保についてシミュレーションを行いました。さまざまな家庭の状況を想定することで、それぞれ自分の身近な環境では気付けない新たな発見に驚きが続きました。
 普段顔を合わせることの少ない地域の若者と年配の人とが、ここではお互いの顔が見え、手短に判断していく訓練ができてとても良かったと思いました。

 毎日の暮らしの中で、災害に対する準備の仕方はいろいろありますが、とにかく大事なことは、いざという時のために備え続けることです。続けることは大変なことですが、 「ローリングストック(備える習慣)」を日常に無理なく取り入れる方法を考えましょう!

【問合せ】コープみらい千葉県本部参加とネットワーク推進室
【電 話】0120-929-068(午前9時〜午後6時) ※土・日曜、祝日休み
取材 広報まちかど特派員 佐藤佐知子さん

ならしのスタディーズ

2017年3月31日

 3月上旬、始まりの予感がするこの時期にふさわしいイベントが、大久保にある「ギャラリー林檎の木」でありました。
 今回の仕掛け人である「まちづくり会社ドラマチック」代表の今村ひろゆきさんの呼びかけに応えて、市内で活動している人、これから活動を始めたいと考えている人などが集まり、情報を交換し合うコミュニティ「ならしのスタディーズ」が開催されました。

 「習志野市を愉しい街にしませんか?誰でもOKです。お喋りしましょう。」の問いかけで、この日はお店をする人・ママさん・地域活動をしている人・学生さんなどバラエティに富んだ人達が40人程度集まりました。
 初めに、習志野市で既に活動している3組のゲストから活動内容の発表がありました。
 1組目は夫婦ユニットnom(のむ) de() cocoa(ここあ)さんの発表です。中央公園を利用して「おすそわけピクニックon(おん) Restaurant(れすとらん) Day(でい)」を開催しています。「作りすぎた夕飯をお隣さんにおすそわけするように、みんながちょっとずつ自分の『好き』や『FUN』を持ち寄ってシェアしたら、誰かと仲良くなれたり、モノ/コトを知ることができて、外に出るのが今よりもっと楽しくなるんじゃないか。」そんな想いから活動が始まったそうです。
 2組目は市民活動団体Donna(どんな) Popolo(ぽぽろ)さんの発表で、毎月、子育て中のママに向けた勉強会やイベントを開催し、ママたちの自己啓発や交流の場づくりを目的として活動しているそうです。受講中は子どもを預かってくれるサービスもあり、子育て中の母親にとって、ありがたい存在です。
 3組目は千葉工業大学生の発表です。空き店舗が増えた袖ケ浦団地ショッピングセンターに活気を取り戻そうと、学生と都市再生機構(UR)と市で袖ケ浦団地活性化プロジェクトを立ち上げ、空き店舗を活用したにぎわい創出の活動に取り組んでいるそうです。
 3組の活動内容は、聞いている人をワクワクさせるような魅力がありました。グループ毎に分かれ、情報共有した後、参加者一人ひとりが自分のできることをアピールして終了となりました。
 こんなまちになったらいいねという想いをここでは「妄想」と呼んでいます。「『妄想』は現実になるかもしれない。習志野市という街を作るのは、私達市民。一人たりとも同じ人はいないように、その数だけ隠れた能力もある。それを繋げていけば、きっと面白いことがある。」ならしのスタディーズに参加して、そんなことを感じました。

ならしのスタディーズ
https://www.facebook.com/narashinostudies/

まちづくり会社ドラマチック
http://www.drmt.info/

取材・撮影 広報まちかど特派員 吉田しのぶさん

パソコンを楽しみませんか?

2017年3月8日

 スマートフォンやタブレット端末が広く普及している昨今ですが、まだまだ思うようにパソコンを活用できないという人も多いと思います。
 2月10日・17日・24日、各日約4時間、大久保公民館で、パソコン入門講習2月コースが開催されました。参加者は50代から80代と幅広く、「分からない事が分からない」状態の初心者から、既に何回か受講してそれなりのスキルを身に付けた人までさまざまです。

 テキストは講師が作成していて、チラシやはがきの作成方法など毎回工夫されています。講師もアシスタントも同世代なので、お互いの経験を踏まえながら和気あいあいと楽しくパソコンに向き合っています。

 このパソコン講習の歴史は古く、習志野市民カレッジの開講時から18期までは、2年目の学習で選択できるようになっていました。しかし、現在は市民カレッジのカリキュラムにはありません。かつての卒業生が中心になってボランティア団体を結成し、「市民に向けて何か役立つこと」として10年以上前から講習会を続けています。日々進化するIT技術に対応して、昨年からはWi-Fiルーターをレンタルし、公民館でもインターネット検索やメール送受信の体験ができるようになりました。
 パソコン講習は毎年5回から6回開催しています。平成29年度は6月から開始です。どうぞ皆さん参加されてみてはいかがでしょうか?

【問合せ】市民カレッジパソコン委員会
【電話】047-479-7245
取材 広報まちかど特派員/佐藤 佐知子さん

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番4号(京成津田沼駅前ビル3階)
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼1丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファックス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る