クリーニング店との上手なつきあい方

更新日:2022年09月29日

ページID : 9007

 気に入って選んだ一着を長く愛用したい、とクリーニング店を利用。しかし、意に反して「シミがついた」「色が落ちた」等、クリーニング店とのトラブルは一向に減りません。コミュニケーション不足が原因と思われるケースも多くあります。クリーニング店の利用に対しては、次の点に気をつけましょう。

  • 衣服を購入するとき
     クリーニングに出すことも考慮し、素材、品質表示、デメリット表示などをチェックしましょう。ファッション性を重視した加工や素材の中にはクリーニングに適さないものもあります。
  • クリーニング店を選ぶとき
     業界団体加入のしるしである「Sマーク」「LDマーク」がついていることも目安になります。(事故賠償基準による補償があります。)受付時のチェックが丁寧で、料金、納期がはっきりしていることも重要です。
  • 衣服を出すとき
     シミがある場合は、いつ、どのような原因でついたものかわかる範囲で詳しく伝えます。漂白剤、パーマ液、汗、紫外線、摩擦がシミの原因の場合もあります。高価なボタン等は外して出した方が無難です。
  • 受け取ったとき
     仕上がり品はなるべく早く引き取りに行き、出した枚数や仕上がり具合を確認し、問題があれば、すぐに申し出ましょう。受け取り後はビニールカバーから取り出し、風を通して収納しましょう。またクリーニングに出しても新品同様に戻るわけではないことも理解したうえで、クリーニング店を上手に利用しましょう。

相談専用電話:047-451-6999
月曜日〜金曜日(祝日除く)午前9時30分〜正午、午後1時〜4時

この記事に関するお問い合わせ先

このページは消費生活センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)
電話:047-489-5230 ファックス:047-453-5747
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください