覚えのない請求書が届いた。頼んでいないものが届いた。どうしたらいいか?

更新日:2022年09月29日

ページID : 8947

相談1

 留守にしている間に、請求書が10枚くらい届いていたが、どれも全く覚えがない。

相談2

 封筒に何か入って届いたが、試供品だろうと思い放っておいた。その後、2回ぐらい請求書が届いたが何かの間違いだと思っていたら、法律事務所から支払い督促状が届いた。問い合わせると、痩身目的のサプリの代金だと言われたが全く覚えがない。

アドバイス

 このような相談が最近、本市でも増えています。請求書だけ届く場合と、請求書と商品が届く場合があります。誰かが相談者になりすまして注文をし、商品を手に入れ、支払いを相談者にさせているのかもしれません。相談2のように、商品を受け取っている場合の多くは、インターネットで注文できる健康食品や美容に関する商品です。受け取りの署名、押印が不要な方法で配達され、後払いサービスを提供する別業者から、後日、支払いに関する書類が届きコンビニ等で支払うようになっています。1回の支払いはそれほど高額でありませんが、毎月届き、数ヵ月継続する定期購入になっている契約もありますので、結果としてかなりの金額を支払うことになります。
 身に覚えのない商品が届いた場合は、中に請求書が入っている場合もありますので、開封して確認し、請求書が届いた場合は放置せず、すぐに消費生活センターにご相談ください。請求書が入ってなければ2週間、様子をみましょう。業者が勝手に商品を送り付けてきた場合、届いてから2週間経ったら処分してかまわないと法律で定められています。届いたものが簡単に抜き取られないように、郵便受けは可能であればきちんと施錠するようにしましょう。

お困りの際は消費生活センターへご相談ください。

電話番号 047-451-6999 (相談専用)

この記事に関するお問い合わせ先

このページは消費生活センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)
電話:047-489-5230 ファックス:047-453-5747
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください