詐欺的な投資勧誘に注意!

更新日:2022年09月29日

ページID : 9004

 複数の人物が登場し、それぞれの役を演じながら、高齢者にお金を振り込ませる劇場型詐欺は、投資商品の勧誘に多く見られます。注意しましょう。

相談

 知らない業者Aから「青い封筒が届いていませんか」と電話がかかってきた。翌日B社のパンフレットと申込書が入った青い封筒が届いた。その後、業者Aから電話がかかってきて、「B社は有望な会社なので、代わりに申し込んでくれませんか。後で高く買取ります」と言っている。信用できるか。

アドバイス

 相談者の場合、お金を振り込んだり、申込書の送付もなかったので、止めることができましたが、申し込んだ後、駅構内でお金を手渡し、その後業者と連絡が取れなくなるという被害に遭っている方もいるようです。
パンフレットによれば、B社は海水淡水化に力を入れている会社で、海外で受注できたので、事業拡大を考えているともっともらしいことが書かれています。信託受益権の募集で、年利7%、3ヵ月ごとに配当金が振り込まれると出ています。
劇場型勧誘で購入を誘導される金融商品(株式、社債、権利取引)は、資源やエネルギー、高齢者福祉、最先端技術など、話題になったり、興味や関心がもたれそうな事業に関するものを取り上げています。
申込みやお金を渡す前に、「こんな立派なパンフレットを見ず知らずの私になぜ送ってきたのか」「自分は金融商品の仕組みをよく理解しているか」をよく考えましょう。投資で判断に迷った時、身近で相談できる人に話してみましょう。簡単に儲かる話はありません。立派なパンフレットや勧誘のことばに惑わされないようにしましょう。

問合せ

消費生活センター047-451-6999

この記事に関するお問い合わせ先

このページは消費生活センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)
電話:047-489-5230 ファックス:047-453-5747
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください