このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

被爆体験継承事業 

更新日:2019年6月13日

被爆体験講話と被爆体験継承事業の実施

 これまで、一人でも多くの市民の方に、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の尊さについて理解を深めていただくため、習志野市原爆被爆者の会に御協力いただいて、市内小学校、中学校を中心に、被爆体験講話を実施してまいりました。

 平成30年度には、現在の被爆体験講話を継承できる人材育成の必要性から、被爆体験朗読者養成講座を実施しました。
 令和元年度からは、被爆体験朗読者及びDVDによる被爆体験継承事業を実施してまいります。

風化させてはいけない記憶

年月の経過とともに、戦争体験、被爆体験者が少なくなっています。
同じ過ちを繰り返さないために、その記憶を風化させてはなりません。
多くの若い世代に戦争や被爆の恐ろしさ、平和の尊さを伝えていくため、
習志野市原爆被爆者の会による被爆体験講話を紹介します。

核兵器廃絶平和都市宣言30周年記念 被爆体験講話 〜平和への願いを込めて〜


以下の題名をクリックすると動画が見られます。

1.「核兵器廃絶平和都市宣言」30周年記念被爆体験講話ダイジェスト(10:38)

2.習志野市原爆被爆者の会のあゆみ、習志野市平和事業紹介 (7:19)

3.被爆体験講話(長崎) 習志野市原爆被爆者の会 青木 茂 氏 (9:47)  
  20歳の時、爆心地から約2キロメートルの住吉トンネル工場で勤務中被爆。

4.被爆体験講話(広島) 習志野市原爆被爆者の会 小野 英子 氏 (13:40)
  6歳2カ月のときに、爆心地から約1.5キロにあった東観音町の自宅でお母様と被爆。

※この被爆体験講話は、DVD,ブルーレイに収め、協働政策課および大久保図書館にて貸し出ししています。

問い合わせ先

このページは協働政策課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9301 FAX:047-453-5578

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る