入院時の負担を減らす方法はありますか?

更新日:2022年09月29日

ページID : 13116

 入院など、医療機関の窓口で高額な医療費がかかる場合には、「限度額適用認定証」を提示することにより、所得区分に応じた自己負担限度額までの支払いで済みます。非課税世帯の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで、入院時の食事代も減額となります。認定証の交付には事前に申請が必要です。
 なお、次に該当する人は、保険証を提示するだけで、自己負担限度額までの支払いで済みます。限度額適用認定証の提示は不要です。

  • 70歳以上で自己負担割合が2割の人で課税世帯の人
  • 70歳以上で自己負担割合が3割の人のうち課税所得が690万円以上の人

この記事に関するお問い合わせ先

このページは国保年金課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎GF階(グラウンドフロア)
電話:047-453-9209 ファックス:047-453-9317
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください