このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年8月定例記者会見

更新日:2015年9月3日

平成27年8月定例記者会見について

日時

8月24日(月曜)午後4時00分〜午後4時50分

場所

仮庁舎3階大会議室

議題

1.平成27年 第3回定例会議案について

2.「大久保地区公共施設再生事業に係る集約対象施設の利活用を考えるワークショップ」について

3.戦後70年記念事業について

4.高校生を対象とした有権者教育の実施について

市長あいさつ

 皆さん、こんにちは。
 それでは、ただ今より、平成27年8月の定例記者会見を始めさせていただきます。
 まずはじめに、今日、私と副市長はポロシャツで記者会見に臨んでおります。これは今年の習志野市のオリジナルポロシャツということで、ナラシド♪と市民まつりきらっとのキャラクターと、右にいるのがオービックシーガルズのシーガルくんでございまして、今、習志野のオービックシーガルズ1万人の応援プロジェクトということで、1万人の応援団を作ろうよということでやっておりますので、その一環でオリジナルポロシャツにゲストとしてシーガルくんが登場しております。9月いっぱいまで販売しておりますので、ぜひご活用いただければと思います。

 8月の平和事業では、6日、9日の両日秋津公園の平和の広場で行われました「原爆死没者慰霊及び平和祈念式典」や8月15日の終戦の日には、戦没者を追悼する黙とうに対しまして、大変多くの方々にご参加、ご協力を頂きました。
 心から感謝を申し上げます。

 この夏をスポーツで振り返りますと、体操のアジア選手権に習志野高校出身の萱和磨選手が日本代表として初出場し、種目別のあん馬において、優勝いたしました。
 他に習志野高校の活躍としては、近畿地方で行われたインターハイで、ボクシングの堤駿斗選手がフライ級で1年生ながら準優勝を収めております。
 この他には、柔道男子90キロ級で篠崎忠史選手が3位となりました。
 この他にも、子ども達が大活躍した報告がたくさん入ってきております。
 なお、萱和磨選手は、10月23日からイギリスのグラスゴーで開催されます世界体操選手権にも出場いたします。
 引き続き、温かいご声援をよろしくお願いいたします。

 市内の各地域では、さまざまな行事やイベントが開催され、賑やかに盛り上がった夏でした。

 暦の上では秋ですが、残暑が厳しく、まだまだ、熱中症には気を付けなければいけない時期でもありますので、健康管理にはくれぐれもお気を付けください。

平成27年 第3回定例会議案について

 それでは、内容に入らせていただきます。
 はじめに、平成27年習志野市議会第3回定例会、9月議会のお知らせです。

 今議会は、8月28日 金曜日から9月29日 火曜日まで、33日間の会期で開催されます。
 提出議案といたしましては、補正予算が4件、新規条例が2件、一部改正条例が3件、訴訟案件が1件、人事案件が3件、契約案件が1件、市道の路線認定が1件、合計で15件の議案を上程いたします。
 なお、この間、一般質問を9月7日 月曜日から11日 金曜日までおよび14日 月曜日の6日間を予定しております。市議会の映像は、市ホームページ、スマートフォンおよびタブレット端末から、生放送および録画放送の両方がご覧いただけます。

 議会の日程及び放送についての詳細は、議会事務局までお問い合わせください。

「大久保地区公共施設再生事業に係る集約対象施設の利活用を考えるワークショップ」について

 次に、来月9月から開催いたします「大久保地区公共施設再生事業に係る集約対象施設跡の利活用を考えるワークショップ」について、お知らせいたします。

 大久保地区公共施設再生事業につきましては、屋敷公民館、生涯学習地区センターゆうゆう館、藤崎図書館、あづまこども会館、この4施設については、京成大久保駅前の大久保公民館・市民会館などをリニューアルすることに合わせ、集約することとしております。
 その施設跡の利活用については、本年5月に策定した「基本構想」の中の「市民の皆様とともに検討する」との方針に基づき、ワークショップにより、検討していくこととなりました。
 開催は、合計3回を予定しており、9月26日土曜日、場所は日本大学実籾キャンパス、10月3日土曜日は千葉工業大学津田沼キャンパス、10月17日土曜日は東邦大学習志野キャンパスで、時間は、いずれも午前10時から行います。
 参加メンバーは、施設利用団体の代表、連合町会からの推薦、6月から7月にかけて公募しました市民及び市内に立地する3大学、千葉工業大学、日本大学生産工学部、東邦大学の大学生で、4つの施設ごとに、それぞれ9名程度のグループをつくり、同時並行で議論していただきます。
 この中で、大学生の皆さんには、進行役など運営にも御協力をいただきます。
 また、ワークショップは公開で開催いたします。そして成果につきましては、来年1月に発表会を実施する予定でございます。
 なお、あづまこども会館を対象にしたワークショップにつきましては、委員の応募が極端に少なかった為、開催しない中で検討をすすめてまいります。

 詳細につきましては、資産管理課までお問い合わせください。

戦後70年記念事業について

 3点目は、戦後70年記念事業についてお知らせいたします。

 本市では広島市・長崎市に原爆が投下された8月6日、9日に秋津公園内「平和の広場」において平和祈念式典を開催しております。
 毎年多くの皆様に御参列ならびに千羽鶴の献納等、平和への取り組みに御協力いただいているところです。
 さて、今年は戦後70年の節目の年であります。
 このことから、「過去」と「未来」2つの視点で記念事業を企画し、先月の2日には、市立全中学校の1年生を対象に、朗読劇「夏の雲は忘れない」を上演いたしました。
 現代社会では、情報通信技術の進展により、誰もが情報を容易に受信したり、発信したりできる豊かな社会となりました。
 その反面、溢れる情報の中から必要な情報を正しく選択して活用することが難しい社会であるとも言えます。
 発信された情報が人を混乱させ、紛争や戦争を巻き起こすこともあり得ます。
 私たちは、情報化社会の今だからこそ利便性を享受するだけでなく、常にあらゆる事象に思考を働かせ、平和な社会の実現に取り組んでいかなければなりません。
 そこで本市では、平和な未来を守っていくために、今何を考え、今何をすべきなのか、地域や家族で「平和」について、改めて考える機会が必要なのではないだろうか、という思いから、「家族や地域で語り合う『これからの平和』〜無関心社会への警鐘〜」と題して講演会を開催いたします。

 講師は、報道番組などで おなじみの読売新聞特別編集委員の橋本五郎さんにお願いしました。
 10月3日土曜日に、会場は習志野文化ホールで午後1時30分開場、午後2時30分から開演いたします。
 申込みは不要です。入場も無料です。手話通訳もございます。
 戦後70年の節目の年に、これからの平和について考えるきっかけとするために、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

 「夏の雲は忘れない」は引き継いでいく平和の“継承”、10月3日に行います講演会は、未来に対する警笛の意味を含める“警鐘”ということで、平和をしっかり考えて、日々の活動から平和につなげていく、そして平和な社会を実現していく、ひいては「やさしさでつながるまち習志野」を醸成していこうという、取り組みでございます。
 皆様どうぞ、ご関心お寄せいただきますようお願い申し上げます。

 詳細につきましては協働まちづくり課までお問い合わせください。

高校生を対象とした有権者教育の実施について

 4点目は、選挙管理委員会から高校生を対象とした有権者教育の実施についてお知らせします。

 この6月に公職選挙法が改正され、選挙権年齢が18歳以上となります。
 平成28年6月19日に施行となることから、今のところ、同年の夏に予定されております参議院議員通常選挙が施行後、初めての選挙となります。ということで、現在の高校2年生の一部から投票できることとなります。

 この改正を受けて、本年7月17日には、総務省から若者への主権者教育等の充実及び周知啓発の依頼があり、 本市選挙管理委員会では、「有権者となったら」をテーマに習志野高校をはじめ、市内にあります4つの高校において、出前授業を実施することといたしました。
 この出前授業では、有権者の責務をクイズ形式で、わかりやすく説明したり、私や市議会議長が実際に参りまして、選ばれる側の立場から、「有権者となる若者に期待すること」を話すことも考えております。
 今年度の出前授業の日程は、9月30日 水曜日に県立津田沼高校、11月4日 水曜日は県立実籾高校、平成28年3月24日 木曜日には市立習志野高校、東邦高校につきましては、平成28年度からの予定で、次年度以降は、すべての高校で毎年実施することとなります。
 このように、すべての高校で、有権者教育が実施できるのは、コンパクトな習志野市ならではの特長であります。実施日時まで決定していることに加え、市長及び市議会議長の話しを計画しているのは、千葉県内では「初めて」であり、おそらく全国的にも「めずらしい」と言えます。
 また、次年度以降は、有権者教育の内容をより充実させるために実際の投票事務に従事していただくことも予定しております。
 習志野市では、選挙管理委員会、教育委員会、市議会及び市が一体となって、未来を担う若者の政治意識を積極的に育んでまいります。

 詳細につきましては、選挙管理委員会事務局までお問い合わせ下さい。

トピックス1

トピックス2

トピックス3

トピックス4

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る