このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年1月定例記者会見

更新日:2014年6月23日

平成26年1月定例記者会見について

日時

1月29日(水曜)午後1時30分〜午後2時30分

場所

仮庁舎3階大会議室

 皆さん、こんにちは。ただ今より、平成26年1月の定例記者会見を始めさせていただきます。

 今年、初めての記者会見となります。寒さ厳しい日が続いておりますが、皆様には、健やかにお過しのことと思います。早いもので間もなく2月を迎えますが、年明けから行われた年頭行事やイベントで、1月から活気あふれるスタートを切ることができました。1月3日、本市茜浜を本拠地とするアメリカンフットボールチームオービックシーガルズが史上初の4年連続日本一に輝きました。また、1月17日には昨年スポーツ界で顕著な活躍をした選手や団体に贈られる「日本スポーツ賞」で競技団体別最優秀賞もオービックシーガルズが受賞いたしました。
 こども達も大活躍しています。1月5日から開催された全日本バレーボール高等学校選手権大会、いわゆる「春高バレー」に7年連続30回目の出場を果たした習志野高校男子バレーボール部がベスト16に入りました。同じく習志野高校の男子柔道部も3月21日に日本武道館で行われる全国高等学校選手権大会団体戦への出場が決定しております。勢いに乗る「習高旋風」に期待してください。
 さて、昭和29年8月1日に誕生した本市にとって、平成26年は市制施行60周年という節目の年です。人間で言えば還暦となる一年を、市民の皆様と共にお祝いをし、習志野市が更なる発展を遂げられるよう邁進してまいります。また、本年は60周年を祝い、式典や記念特別事業の他、各事業名称を市政施行60周年記念と題し開催してまいります。皆様には積極的にお祝いしていただけますようお願い申しあげます。
 そして、4月からは新たな基本構想・基本計画がスタートいたします。本市が目指す将来都市像「未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野」を実現するため新たな一歩を踏み出します。皆様の更なるご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。それでは、内容に入らせていただきます。

新庁舎等基本設計(案)のパブリックコメントの実施について

 まずはじめに、新庁舎等基本設計(案)のパブリックコメントの実施について、ご説明いたします。新庁舎等、すなわち、新庁舎及び新消防庁舎の建設につきましては、「まちづくりの中心になる庁舎」の実現を目指し、5つの基本理念を掲げ、今年度庁内に「新庁舎等建設本部」を設置し、様々な検討を進めてまいりました。この度、新庁舎等基本設計(案)について市民の皆さんにお示しすることができるようになりましたので、より多くのご意見を頂戴したくパブリックコメントを実施いたします。旧本庁舎は、東日本大震災の影響を受け、その機能を仮庁舎へ移転させるなど庁舎の分散化が進み、市民の皆様にもご負担をおかけしている状況です。また、分散しているその他の庁舎におきましても老朽化やバリアフリーへの対応について課題を抱えております。このようなことから、利便性と行政効率の高い「市民サービスの拠点となる庁舎」、さらに、首都直下型地震を想定し、老朽化や耐震性に課題がある消防庁舎についても、様々な課題を根本的に解決するために、「市民の安全・安心を支える庁舎」としてその建設が不可欠であると考えております。これまで、市民や学識経験者からなる「市民委員会」から「新庁舎建設基本構想(案)」が提出され、市議会に設置された「公共施設調査特別委員会」から提出された「提言書」及び、新庁舎等建設基本構想(案)へのパブリックコメントの実施を経て新庁舎等建設の「基本構想」及び「基本計画」を策定してまいりました。今年度は、次のステップとして、基本設計作業に着手しておりまして、選考委員会にて選ばれた株式会社 佐藤総合計画とともに、作業を進めております。そこで、この新庁舎等基本設計(案)につきまして、本年2月15日 土曜日から3月10日 月曜日まで、パブリックコメントを実施いたします。この機会に様々なご意見を頂きますよう宜しくお願い致します。 この基本設計(案)につきましては、2月15日から、市ホームページで公表するほか資産管理課および情報公開コーナーにてご覧いただけるようになります。また、2月15日発行の広報習志野にも掲載いたします。なお、各種メディアで報道されておりますように昨年、夏以降の急激な資材の高騰や、労務賃金のアップに加えて、基本設計段階での安全対策費、環境対策費、市庁舎の基本機能や防災機能の充実などにより新庁舎等建設の概算事業費が当初よりも膨らんでおります。これらを踏まえまして議論を行った結果、市庁舎に関わる必要最低限の事業のみを先行させて頂くことになりました。これらの方針については、様々な角度から検討した最善の策であると考えており、その内容につきましては、2月2日 日曜日から2月7日 金曜日にかけて4回にわたり説明会を実施し、市民の皆様にご理解いただけるよう努めてまいります。詳細につきましては資産管理課までお問い合わせください。必要な事項については、インターネットを通して皆様に周知します。

公共施設再生計画(案)のパブリックコメントの実施について

 続きまして、公共施設再生計画(案)のパブリックコメントの実施について、ご説明いたします。前回の記者会見でも、説明させていただきましたが、習志野市では、全国に先駆け、この公共施設老朽化問題に取り組んでまいりました。総務省などの発表によりますと、現時点においても、全国の都道府県、市町村のうち、この問題に取り組んでいる自治体はまだまだ少ない状況であり、取り組みを開始した自治体においても実態把握の段階に留まっている状況で、具体的な解決策を公表した団体はわずかであります。公共施設の老朽化問題の解決策を考えていくと、どうしても財源の話となり、その先には、公共施設の再編、統廃合といった話が避けては通れないことから、中々、課題解決に動き出せないのが実態であると思います。そのような中で、習志野市では、今後25年間に、公共施設の老朽化対策をどのように実施するのかを、具体的に事業計画として表した「公共施設再生計画」を、本年度末までに完成させることを目指しております。そこで今回、公共施設再生計画(案)に関しまして、2月1日 土曜日から2月28日 金曜日まで、パブリックコメントを実施いたします。公共施設再生計画(案)につきましては、2月1日から、市ホームページで公表するほか資産管理課および情報公開コーナーにて閲覧・配布いたします。公共施設を利用されている市民の皆様をはじめとして、多くの皆様から忌憚(きたん)のないご意見をお寄せ頂きますようお願いいたします。詳細につきましては資産管理課までお問い合わせください。

順天堂大学との連携協働に関する協定

 最後になりますが、「順天堂大学との連携協働に関する協定」についてご説明いたします。本市と順天堂大学は、昭和22年から昭和63年までの間、本市に習志野キャンパスがあったことを縁として、大学教員による各種審議会等への委員就任や市民カレッジ事業等への講師派遣など、協力関係が継続されています。また、現在、順天堂大学は、社会貢献の一環として自治体と連携し、地域課題の解決などに、大学の知的資源や人材を活かす取り組みを進めています。本市においても、昨年4月1日に(通称)健康なまちづくり条例を施行し、その取り組みを進めています。そこで、これまでの大学との関係・取り組みをさらに発展させ、互いに協力することで、地域社会の発展につなげるべく、順天堂大学との連携協働に関する協定を健康・教育等の分野で締結するものです。協定の調印式は、2月12日 水曜日 午前10時から 仮庁舎3階 大会議室で行います。協定締結後の主な連携事業としては、子どもの、「体力と運動能力を向上させる取組み」や、子どもが事件や事故に巻き込まれないよう、「安全力を高める取組み」など、学校・家庭・地域と協働して実施してまいります。詳細につきましては、健康支援課までお問い合わせ下さい。

 以上3点につきまして発表させていただきましたが、2月にはさまざまなイベントが開催されます。主な行事として、2月7日 金曜日 午前11時から平成25年度 習志野市 市政功労者表彰式がモリシアホール4階 多目的ホールで行われます。2月8日 土曜日 午後1時30分からは第18回 行政問題学習会が習志野市民会館で行われます。2月15日・16日の土曜・日曜には第46回 習志野市みんなの消費生活展がモリシア津田沼1階センターコートおよび2階で行われます。この他、さまざまなイベントが開催されますので、市民の皆様には是非ご家族そろってご参加ください。

 今年の冬は、例年より冷え込みが厳しく感じます。特に、冬を中心に多発するノロウイルス、インフルエンザ等、感染症が発症しやすい時期となりました。市内におきましても、現在、幼稚園・こども園で3園(3クラス)、小学校で6校(10クラス)、中学校で1校(1クラス)においてインフルエンザで学級閉鎖となっております。ご家庭はもちろん、学校や職場等で手洗いやうがいをしっかり行い健康管理にお気を付けください。加えて、空気が大変乾燥しております。今年に入り、市内における火災発生件数はすでに7件、このうち2件は一般住宅の全焼を含む火災となっております。市内各消防署では毎週水曜日の夜、各管轄内の警戒にあたっているところですが、市民の皆様におかれましても日々の生活においてくれぐれも、火の取り扱いや火の後始末等火災予防にご協力ください。以上、私からの説明とさせていただきます。本年もよろしくお願いします。

トピックス1

トピックス2

トピックス3

トピックス4

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る