このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成23年11月定例記者会見

更新日:2011年11月28日

平成23年11月定例記者会見について

日時

11月21日(月曜)午後1時30分〜午後3時

場所

本庁舎2階会議室

 本日は、お忙しい中をお集まりいただきまして、ありがとうございます。
 今年も残りわずかとなりました。今回が今年最後の定例記者会見になります。
 前回初めて、この記者会見の様子を動画配信させていただきましたが、さまざまな反響がありました。その中で、言葉だけでは多少わかりづらいというようなご意見をいただきましたので、今日はパネルを使用しつつ説明をさせていただきます。

平成23年を振り返って

 今日は、今年を振り返るというような内容が中心となります。

 まず、今年は1月に習志野高校バレーボール部が春高バレーに出場したことから始まりました。

 そして3月、この一年は何と言っても、多くの習志野市民の皆さんが3月11日の東日本大震災により、これまでに経験したことのない甚大な被害を受けたということが、一番の出来事だったと思います。
死亡者1名、負傷者6名、全壊9件、大規模半壊174件をはじめとする家屋被害は合計4,548件にのぼり、火災も1件発生しました。

 同日、習志野市は、災害対策本部を立ち上げ、避難者の対応、ライフラインの応急復旧に取り組みました。道路の液状化被害については、皆さんそれぞれのご記憶に新しいことかと思いますが、今もその復旧・復興に一生懸命に取り組んでいるところです。

 そして、その後1カ月が経過した4月には、統一地方選挙が行われました。
10日に千葉県議会議員一般選挙、そして24日の習志野市長・市議会議員一般選挙がありました。
 この選挙の結果、私が市長に就任いたしまして、本日まで約7カ月間、全力を挙げて本市の舵取りに力を尽くしているところです。

震災からの復旧・復興について

 4月27日から私が市政運営を進める中で、言うまでもなく、まず全力を挙げてきたのが震災からの復旧・復興です。

 まず就任した翌日に国へ、また翌週には千葉県へと、住宅の被害認定基準の見直しなどの要望に足を運びました。今も近隣市と連携しながら、国や県への訴えかけを続けているところです。

 6月には、当時の首相であった菅首相が、本市の視察にいらっしゃいました。これは、習志野市にとって、初めて内閣総理大臣が市内を訪れたという一日でもありました。視察を通し、本市の惨状をお伝えしました。

 そして7月には、下水道の使用制限が、ようやく解除となりました。この間、香澄・秋津・袖ケ浦・谷津を始めとして、市民の皆さまには多大なるご迷惑をおかけし、その様子がテレビ等で放送されたこともあり、多くの激励の手紙や言葉が寄せられました。

 そしてそれに伴って、災害からの復旧・復興に向けた「習志野市被災住宅地公民協働型復興検討会議」を設置しました。このことについては、皆さんにも記事として取り上げていただいておりますが、12月までにとりまとめをすることとなっており、つい先日、中間報告を受けました。住民と行政、そしてその他研究機関や学校などが連携をして、被災住宅の復興に向けて、どのようなことができるかといった情報共有をはじめ、いざ復興に取りかかったときに、スムーズに進めていけるように検討をしています。皆さんからいろいろなご意見を頂戴しながら進めているところです。

市内小・中・高校の活躍について

 東日本大震災からの復旧・復興にあたってきた1年でしたが、その中で「習志野市を元気に」という思いで、さまざまな人が頑張ってくれました。その中でも学校の活躍が、非常に目覚ましいものでした。子どもたちから勇気をもらい、習志野市の復旧・復興に向けたまちづくりが推進されています。そういった「推進力」を感じた次第です。

 7月には、高校総体の全国大会に、体操・ボクシング・男子バレーが出場しました。8月には、夏の甲子園大会に習志野高校野球部が出場を果たし、公立高校として最高位のベスト8ということで、大いに大会を沸かせてくれました。そして全国に「習志野市」の名前を広めてくれました。

 11月には、全日本体操競技種目別・跳馬で、習志野高校の小倉君が優勝をしました。跳馬部門での高校生の優勝は、史上初の快挙だということです。体操の世界王者として有名な内村航平さんなどと肩を並べて、優勝という栄冠を勝ち取ったことは、まさに「快挙」であります。

 そして音楽の面では、全日本マーチングコンテストに、二年連続で市内の市立小・中・高校(大久保小・第二中・習志野高)が揃って出場するという、華々しい出来事がありました。大久保小・第二中は銅賞、習志野高校は銀賞という惜しい結果となりましたが、これは全力を尽くした結果であり、全国大会に二年連続で出場すること自体が大変輝かしい実績です。また来年も、習志野市の音楽がどんどん発展していくと確信しています。

タウンミーティングの開催について

 さて、このような形で平成23年を振り返ってきましたが、私自身も、これから習志野市のトップセールスマンとして情報発信に努めていきたいと考えています。

 この10月に習志野市ホームページをリニューアルし、記者会見の様子を動画配信するなど、さまざまな形で市民の皆さんに身近な市政をアピールしているところですが、年が明けた1月から、市民の皆さんと共に行動する協働型社会をつくるために、私自身が皆さんのところに出向き、テーマに基づいて意見交換を行う「タウンミーティング」を始めます。開催については、1月には4回を予定しています。日程をご確認の上、ぜひともお申込みいただければと思います。

平成23年習志野市議会第4回定例会について

 本日の定例記者会見の本題は、習志野市議会第4回定例会についてです。
 会期は11月25日から12月22日までで、28日間に渡って開催される予定です。議案については、議案第53号から議案第71号まで、補正予算が3件、条例議案が9件、財産案件が1件、指定管理者に関する案件が6件、合計19件を提出するほか、専決処分を1件、報告します。

 定例会の様子については、市議会のホームページで生放送をしているほか、後日、動画の録画配信もご覧いただくことができます。詳しくはそちらをご覧ください。

議題1

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る