「女性に対する暴力をなくす運動」

更新日:2022年11月01日

ページID : 11023

毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

配偶者やパートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシャルハラスメント・ストーカーなどの行為は女性の人権を著しく侵害するものです。暴力はいかなる理由があろうとも、決して許されるものではありません。

パープルリボン運動

女性へのDV(ドメスティック・バイオレンス)をはじめとする暴力や虐待への関心を促し、暴力根絶を訴える運動です。パープル(紫色)のリボンやキルトを身につける事や身近なところに飾ることは、女性に対する暴力根絶の意思を示します。

令和4年度のテーマは「性暴力を、なくそう。」

内閣府作成令和4年度ポスター

今年度も市役所をパープルカラーに装飾します!

11月14日(月曜)から11月30日(水曜)までの期間中、市役所ハミング階段で児童虐待防止のメッセージを表す「オレンジリボン」と合わせたパープルリボンの装飾や、暴力撤廃周知に関するパネル展示を行います。

また同期間中18時から22時ごろまで、庁舎のライトアップを予定しています。

昨年度のパネル展示の様子

市役所の一角に「女性に対する暴力をなくす運動」などのパネルが展示してある写真
ハミング階段にオレンジ色と紫色のダブルリボンが設置してある写真
ハミング階段にダブルリボンと「女性に対する暴力をなくす運動」の用語のパネルが設置してある写真
大きな紫のパネルにポスターやリボンが設置してある写真
11月12日~25日は女性に対する暴力をなくす運動期間の文字と、西原さんが描いた内閣府イラストが展示してあるパネルの写真
NPO法人ウィメンズウィングちば あなたは大切の人です。の文字と女の子やランドセルが描かれたイラストのポスターがパネルに掲示されている写真

NPO法人ウィメンズ・ウィングちばさん作成パネル

ボードに複数のメッセージカードが貼られ作成されたパネル写真

自助グループMaya Moonさん作成パネル

パープルリボンを身につけた宮本市長とナラシド♪
ポスターを手に持っている宮本市長とご当地キャラクターのナラシド♪が一緒に写っている写真

相談先はこちら

つらいこと、不安なことは一人で抱え込まず相談しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

このページは男女共同参画センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼5階)
電話:047-453-9307 ファックス:047-453-9327
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください