風しんの予防接種の前には、風しんに対する免疫があるかどうかの検査を受ける必要がありますか。

更新日:2022年09月29日

ページID : 15497

 予防接種の前に風しんに対する免疫があるかどうかの検査(抗体検査)は必ずしも必要ではありません。風しんの感染または過去の風しんの予防接種によってすでに免疫を持っている方が再度接種を受けても、特別な副反応がおこるなどの問題はありません。
 しかし、現在、国内の状況においては子どもの予防接種(1歳・年長児の2回分)以外のワクチンの流通が少ない状況です。
 風しんの抗体検査をして、必要な人にワクチンを接種することにより、社会全体の予防効果を高める必要がありますので、有効な予防対策にご協力ください。

この記事に関するお問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-9302 ファックス:047-454-2030
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください