これまで風しんの予防接種を受けた記録がありません。受けるべきでしょうか?

更新日:2022年09月29日

ページID : 13308

 予防接種をうけたことが記録で確認されていない場合、男女ともなるべく早く接種することをお勧めします。血液検査で十分高い抗体価があることが確認された場合にはこの必要はありません。
 たとえ、これまで予防接種をうけていたとしても、または風しんにかかっていたとしても、再度予防接種をうけることによる特別な副反応がおこることはありません。
 過去に風しんの予防接種を受けていても、今予防接種を行うと風しんに対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあるのでより安心です。
もし麻しんワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、風しん予防と麻しん予防の両方の観点から、麻しん・風しん混合ワクチンを選択することをお奨めします。

出典:国立感染症研究所(風疹Q&A)

この記事に関するお問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-9302 ファックス:047-454-2030
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください