このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

習志野市受動喫煙の防止に関する条例

更新日:2018年10月15日

「習志野市受動喫煙の防止に関する条例」を制定しました。

 受動喫煙は、健康に悪影響を及ぼすことが明らかであり、本市ではこれまでも喫煙に関するモラル・マナーの向上に関する取組みを進めてまいりましたが、未だ、たばこの煙に関して多くの御意見をいただいています。
 また、国においては、受動喫煙の防止を図ることを目的とした改正健康増進法が平成30年7月に可決・公布されました。改正健康増進法についてはこちら(厚生労働省ホームページへ外部リンク)
 このようなことから、「健康なまち」を掲げる本市といたしまして、受動喫煙の防止に関する条例を制定しました。平成31年1月1日から順次施行します。

条例の目的

 この条例は、受動喫煙による健康被害を防止し、受動喫煙のないまちづくりを推進することにより、市民の健康を守ることを目的とし、推進するためのルールを定めました。

条例のイメージ図

条例の内容

市民等の責務 

市民等(市内に在住・在勤・在学する人、市内に滞在する人、市内を通過する人)は、
路上等(道路、公園、駅前広場)で喫煙をする際は、受動喫煙を生じさせてはいけません
(周囲に人がいるときには、喫煙してはいけません。)

・路上等以外の場所で喫煙をする際は、受動喫煙を生じさせないよう配慮しなければいけません。

※受動喫煙とは…人が他人の喫煙によりたばこから発生した煙(「副流煙(たばこの先から出る煙)」と「呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)」)にさらされることをいいます。

 

受動喫煙を表す画像

事業者の責務

 多数の者が利用する施設での喫煙や、喫煙場所の設置に関するルールは改正健康増進法の規定が適用されます。
 改正健康増進法の規定が適用されない施設の場合は、事業者は、敷地内に喫煙場所を設置する場合は周囲にたばこの煙が漏れないようにする、たばこの煙を吸いたくない人が近づかないよう喫煙場所があることを表示するなど、受動喫煙を生じさせないよう必要な環境の整備に配慮しなければいけません。

重点区域・喫煙の禁止

 平成31年1月1日以降、重点的に受動喫煙を防止するため喫煙を禁止する区域として、次の区域を重点区域として指定します。重点区域では、喫煙をしてはいけません
(加熱式たばこは、受動喫煙を生じさせない場合に限り、喫煙をすることができます。)
・市内の駅周辺の路上等
 ※市内の駅(全7駅)
  ・JR津田沼駅、JR新習志野駅
  ・京成谷津駅、京成津田沼駅、京成大久保駅、京成実籾駅
  ・新京成新津田沼駅
・保育所、こども園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等、児童・生徒が主に使用する施設の周辺の路上等

過料

 平成31年4月1日以降、重点区域のうち、駅周辺の路上等で喫煙をした場合は、1万円以下の過料が科されます
(重点区域内を現に運行している自動車の内部は対象外とします。)

Q&A(随時更新します)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-2961 FAX:047-451-4822

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る