このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

介護保険を使って福祉用具を購入する

更新日:2018年8月28日

福祉用具を買うときも介護保険が使えます。

トイレ・入浴関連の、お肌に直接触れる福祉用具は、レンタルすることができません。

購入することとなりますが、その購入にかかる費用に対し、年間10万円を限度として、7割から9割が福祉用具購入費として支給されます。

対象となる人

要支援1、要支援2、要介護1から5の人

対象となる用具

・腰掛便座(便座の底上げ部材を含む)
・入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴用介助ベルトなど)
・簡易浴槽
・自動排泄処理装置の交換部品
・移動用リフトのつり具部分

申請の方法

1.販売している事業者に確認する。

福祉用具を購入する際は、販売事業者に介護保険が使えるかご相談ください。介護保険の対象となるのは、特定福祉用具販売および特定介護予防福祉用具販売に関して、都道府県などから指定を受けた事業者に限ります。

2.販売事業者から購入し、支払う。

商品を購入し、事業者へ代金を支払います。

3.市へ申請する。

下記のものを持って、介護保険課へ申請します。
・申請書
・領収書(原本、被保険者あて)
・商品のカタログの写し(製造事業者のわかるもの)

4.福祉用具購入費の支給決定

申請が認められたら、市より購入費の7割から9割が支給されます。

受領委任払いについて

 介護保険の福祉用具購入費は、かかった費用の全額をいったん福祉用具販売事業者に支払い、その後対象となる福祉用具(1年間に上限10万円)について、市から保険給付(7割から9割)を受ける「償還払い」が原則です。しかし、この方法ですと一時的にではありますが、利用者の負担が大きくなります。
 この一時的な負担を軽減するため、利用者は自己負担分(1割から3割)だけを福祉用具販売事業者に支払い、保険給付分は市が直接福祉用具販売事業者に支払う「受領委任払い」での給付を導入しています。
 福祉用具を購入する場合、「償還払い」による方法と「受領委任払い」による方法とのいずれかを選択できます。
 受領委任払いを利用する場合はその旨事業者へ伝え、介護保険の被保険者証と負担割合証を提示しましょう。

習志野市内にある指定事業者に関しては上記のページを参照してください。

問い合わせ先

このページは介護保険課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-7345 FAX:047-453-9309

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る