習志野市

Multilingual

妊娠・出産・子育て

現在、公開されているコンテンツはありません。

 子どもを育てられるか心配。近くに頼れる人がいないから不安… 子育てには心配・不安は誰にでもあります。
 でも習志野市では心配無用!妊娠がわかったときから、保健師や子育て支援コンシェルジュが全力でサポート。ママ友づくりにも力を入れ、安心して地域で子育てできるよう支援しています。

ワンストップ窓口・安心の相談体制

手続きって大変?そんな心配は無用! 

子どもの画像

 妊娠と診断されたら、まずは「妊娠届」を提出!もうここから子育て支援が始まります。あなたの地区を担当する保健師が、妊娠中から就学時まで“切れ目のない支援(=ネウボラ)”を行います。

 また、こども部の窓口やこどもセンターなどでは、保育・教育施設や子育て支援制度などの相談ができる「子育て支援コンシェルジュ」がお待ちしています。

妊娠期からの子育てサポート

ひとりで抱え込まないで!

歯磨き教室の画像

 妊娠・子育てってこれからどうなるのかな… 「ママ・パパになるための学級」では、妊娠5~8か月の仲間と一緒に妊娠から育児のことまで一緒に楽しく学べます。

 また、保健師・助産師や母子保健推進員が乳児のいる全家庭を訪問。子育てに関する相談を受けたり、地域の情報をお届けします。

 管理栄養士や歯科衛生士による離乳食教室や歯みがき教室もあり、健康面も細やかにサポートします。

 「落ち着きがない」「こだわりが強い」「言葉の数が少ない」など、子どもの様子に不安があるときには、ひまわり発達相談センターへ。専門知識をもつ職員が支援します。

                          > ママ・パパになるための学級
                          > 母子保健(訪問)
                          > 離乳食教室
                          > 歯みがき教室
                          > ひまわり発達相談センター

地域のサポート

これで安心!

子育ての画像

 この日は用事があって子どもと一緒に過ごせない、体調が悪くなってしまった…など、どうしても自分で育児ができないときもありますよね。そんなときでも、地域をあげて子育てをお手伝い。

 また、市内の薬局等には、授乳やおむつ交換ができる場を提供する「子育て応援ステーション」もあるので、お子さんを連れて安心してお出かけできるんです。

 
 そして、4カ月健康相談では、地域の民生委員さんなどから本のプレゼント。絵本の読み聞かせは赤ちゃんの心のミルクです。

親子で集える施設がいっぱい

仲間づくりも安心 

子育ての画像

 習志野市には“親子で集える”施設が充実!

 市内に5カ所あるこどもセンターでは、手あそびや体操を行う親子リズムや、育児に関する講座を定期的に開催。天気がいい日には外の遊具で思いっきり身体を動かせます!

 他にも、乳幼児向けの「きらっ子ルーム」や社会福祉協議会が開催する「子育てサロン」など、親子が交流できる場所がいっぱい。保育所・幼稚園・こども園で遊べる機会もたくさんあるんですよ。

                          > こどもセンター
                          > きらっ子ルーム
                          > 子育てサロン(社会福祉協議会)
                          > 市立保育所・こども園・幼稚園 施設開放

経済的にも支援します

子育てってお金がかかる…? 

 家族が増えるって、とっても嬉しいこと!でも、経済的に苦しくなることもありますよね。

児童手当はもちろん、こどもの医療費の助成、各種割引サービスなどさまざまな制度があります。子育て支援コンシェルジュなどにぜひご相談ください。

 さらに、ひとり親家庭に対しては、ひとり親家庭自立支援員がおり、ひとりで抱え込まない子育てができるようサポートします。

   > 児童手当
   > 子どもの医療費助成
   > ひとり親家庭への支援

成長に不安が… 特別な支援を考えたい


あじさい療育支援センター

 子どもが成長する過程では、さまざまな悩みや心配がつきないもの。

 「あじさい療育支援センター」では、幼稚園・保育所・こども園などと連携し、成長・発達に不安のあるお子さんとその家族が地域で安心して生活が送れるようサポートします。

   > あじさい療育支援センター