習志野市

Multilingual

「荷物転送」のアルバイトは絶対にしないようにしましょう。

更新日:2016年12月20日

【相談】
 SNSで「いいアルバイトがある」との投稿に興味があったので相手に連絡を取ったところ、荷物転送のアルバイトだった。「自宅に送られてきた電化製品・電子機器の入った荷物を受け取り、指定の住所に送るだけで1回につき5千円の報酬を払う。登録のために運転免許証の写真を送ってほしい。」と言われ、運転免許証の表裏の写真をSNSで送り、携帯電話番号と報酬の振込先の銀行口座を教えた。その後、指示通りに荷物転送アルバイトを何回か実行し報酬を得た。後日、通信会社から書類が届き、自分の名義で格安スマ-トフォン端末やSIMカードの契約が結ばれていたことを知った。そのような契約をした覚えがない。どうしたらよいのだろうか。

【アドバイス】
  この手口は、まず「何者かが、SNSでアルバイトを紹介し、仕事の条件として身分証明書の画像など個人情報を相手から提出させる。次に、その身分証明書の画像や個人情報を使って、本人になりすまし、インターネット通販でスマートフォンなどを契約する。そして、自宅に届いた荷物は開封させず、着払いで指定された住所に転送させ、荷物の到着後、報酬を支払う。」というものです。自分が契約したスマートフォンではないが、知らずに自分名義にされたものを、自分の名で転送しているので、表面上は、自分が行ったことになり、このまま放っておくことはできません。スマートフォンが犯罪に悪用される可能性もあります。スマートフォンの業者に連絡してすぐに解約の手続きをしましょう。スマートフォン業者の対応次第ですが、不正な契約だとしても高額の解約金やスマートフォン端末の代金の支払いを求められることがあります。また、状況によっては月額使用料なども請求されることもあります。
  手軽に数千円の報酬を得るつもりのアルバイトが、深刻な被害に遭うことがあるので「荷物転送」のアルバイトは絶対にしないようにしましょう。運転免許証、健康保険証、銀行口座、クレジットカード番号などの個人情報は安易に教えないようにしましょう。
 
問合せ  消費生活センター 451―6999

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747