習志野市

Multilingual

通信関連の契約をしたらオプションがついてきたが?

更新日:2016年11月16日

【相談】
一昨日、訪問してきた業者に、モバイルワイファイとルーターがあればスマートフォンの料金が安くなる、出先でもパソコンでインターネットが使えると勧められ、月額2,500円の契約をしてしまった。よく考えると必要がないので解約のため契約書にあった電話番号に掛けると「モバイルワイファイとルーターと、こちらでつけたオプションサービス(以下オプション)の解約は可能だが、販売代理店と契約したオプションについては別個に解約してほしい」と言われた。オプションの契約をした覚えはない。
【問題点】
・訪問業者からオプションを付けるかどうか聞かれることもなく、書類にあるすべてのオプションにチェックを入れ、署名をするように言われた(申込先の通信業者との間で7種、販売代理店との間では10種のオプションを契約)。
・月額500円前後のものが多いが、全部合わせると1万円以上にもなり、内容が重複するものや、通信とは無関係なサービスもあった。
・販売代理店に電話すると、各オプションの提供先(10社)それぞれに相談者自身で解約するようにと言われた。
(一般に通信関連の契約をする時は一般に関連する他の契約と同時に勧誘業者を通じてできるが、解約はオプションに限らず事業者別に行なう必要がある。)
【アドバイス】
オプションとは基本的なサービスの他に希望や選択により加えられたものをいい、通信関連ではウイルス対策のサポートや音楽聞き放題などがあります。
5月に電気通信事業法が改正され、事業者には書面交付が義務づけられました。
オプションについては説明義務はありませんが、書面にはオプションの有無や特典・割引の条件なども明示されます。
キャッシュバック等の特典や割引を得るためにオプションの加入が条件となる契約もあり、オプション無料期間中に解約すれば料金は発生しないとの説明をよく理解できずに、結局はオプション料金を払うことになったという例もありますので、契約内容全体を書面で確認することが重要です。困ったことがありましたら消費生活センターにご相談ください。

問合わせ 消費生活センター 451―6999

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747