習志野市

Multilingual

英会話の「無料サンプル教材」を申し込む時には気をつけましょう

更新日:2014年10月22日

【相談】
 ラジオ広告で英会話教材の無料サンプルCDがもらえると聞いたので電話で請求したら、サンプルの他に有料の教材とプレゼントも届いた。届いた翌日から10日間旅行に出かけたのでそのままにしていたら、請求書が届いた。無料サンプルが欲しかっただけなので払いたくない。

【アドバイス】
 ラジオで広告を行なう場合は、その性質上、多くの事項を案内することが極めて困難であることから、電話での申し込みの手続きに入る前に分かりやすく説明すれば足りるものとされています。今回は電話で無料サンプルを請求する際に「有料の教材も同封する。キャンセルなら10日以内にプレゼントとともに未開封で返送のこと」という説明を受け、同じ内容の印刷物も同封されていたということでした。無料サンプルを申し込む際には、送付物は何か、返品はできるのかなど条件を理解してから申し込みましょう。有料の教材も同封するという案内があれば、自分の希望である無料サンプルだけの送付が可能なのか質問した上で、業者と確認した内容に従うこととなります。
 今回の場合、期限が過ぎてしまったためキャンセルを受け付けてもらえず、有料教材の代金を支払わなければなりませんでした。無料サンプルを請求しただけだからと放置せず、到着後すぐに送付物を確認し、期限内に指定された条件で返送すれば支払わなくてもよいことでした。
 無料サンプルの配布は広く行われていますが、その商品やサービスが自分にとって本当に必要なものかどうか慎重に考えましょう。お困りの時には消費生活センターにご相談ください。

問合せ 
消費生活センター 451-6999

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747