習志野市

Multilingual

資格商法の二次被害に注意!

更新日:2014年8月19日

相談
 職場に資格取得講座の受講を勧める電話がかかってきた。人目が気になり早く電話を切りたいと思って、内容も聞かずに資料を受け取ることに同意してしまった。実は12年前に60万円程度の資格関連講座の契約をしたことがある。仕事に就いたばかりで学習が進まないでいると、「もっと簡単な内容でできますよ」と電話がかかってきて別の教材を勧められ、その契約もしたがどちらも支払いは終わっている。今回の勧誘は、過去の受講講座と関係があるのだろうか。

アドバイス
 過去に電話勧誘で、資格関連講座の契約をしたことがある人が、「過去の講座が修了していないので必要」、「勧誘されないよう名簿から名前を削除します」等と言われて新たに資格講座を契約させられることもあります。過去に契約した人の名簿が流通していて、過去の業者とは別の業者による勧誘の可能性があります。支払いが終わればその契約は完了していますので、業者が電話してきても応じる必要はありません。
 勧誘電話がかかってきても、受講するつもりがなければきっぱり断り、相手のペース に巻き込まれないように早めに切りましょう。
 電話勧誘販売による契約は、特定商取引に関する法律の規制を受ける取引です。書面交付義務やクーリング・オフ制度があります。断り切れずに、契約をしてしまった場合でも、放置せずに、書面を受け取った日から8日間以内にクーリング・オフ手続きをしておきましょう。
 お困りの場合は、消費生活センターにご相談ください。

問合せ
消費生活センター 451-6999

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747