習志野市

Multilingual

消費生活の中で事故が起こったら

更新日:2013年3月15日

 日常生活において使用する商品などにより、消費者の身体、生命、家財などに被害が及ぶ事故が起きることがあります。例えば誤使用ではないのにドライヤーが破損し、そのかけらが目に入って傷ついた、テレビに当たって画面に亀裂が入った、というような場合です。こうした事故について、どこにも報告がされないと、問題が埋もれたままになり、同じ製品により、再び事故が発生する可能性があります。
 事故の拡大防止、未然防止につなげるため、消費生活センターでは情報を収集し、関係機関で共有しています。

次の事項について、わかる範囲で情報提供をお願いします。
・事故発生日、事故発生場所
・事故発生の原因となったものは何か。どのような状態になったか。(破裂、部品脱落など)
・被害が身体に生じた場合、どの部位か、症状、治療期間
・被害が物品に生じた場合、物品の内容、発生箇所、状態 
・販売業者、製造業者、製品のブランド名、型番、製造年月日 使用期間 

 そのものだけが破損した場合と異なり、上記のように被害が周辺に及ぶ事故については、しかるべき機関で調査の必要がある場合がありますので、業者に引き渡す前にご相談ください。


相談・問合せ先
消費生活センター
電話 047-451-6999
月曜日~金曜日(祝日除く)午前9時30分~正午、午後1時~4時

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747