習志野市

Multilingual

貴金属等の訪問買い取りに注意!

更新日:2012年12月15日

相談
 不要な着物を買い取ると電話があったので、来訪を承諾したが、着物はざっと見ただけで、「貴金属を見せて」と言われた。断ったが「見るだけ」と言うので、仕方なく、貴金属を見せると、わけのわからないうちに着物と貴金属を買い取られてしまった。契約をやめたいが連絡先がわからない。

アドバイス
 不要なものを処分して、シンプルに暮らしたいと思っているところに、「不要な物はありませんか」「食器や着物を買い取りますよ」と電話がかかってくると、つい話し込み、来訪を承諾しがちです。しかし、この電話勧誘は食器や着物の買い取りが主たる目的ではないのです。部屋に上げると「貴金属はないか」「指輪を見せて」など業者の言いなりになり、売るつもりのないものまで、渡してしまうことになります。一度渡してしまうと、取り戻すことは困難です。
 買い取りに関するトラブルは2年前から多くなったため、規制が切望されていましたが、今年8月、特定商取引法に「訪問購入」を追加した改正法が成立しました。事業者は勧誘に先立ち、事業者名と勧誘目的等の明示義務、不招請勧誘 (勧誘の要請をしていない者に対する勧誘) の禁止、8日間のクーリングオフ等が規定されています。クーリングオフ期間中、売主は物品の引渡しを拒絶し、売主の手元に置くことが可能となっています。この法律の施行日は成立から6か月以内となっていますが、その前に駆け込みの買い取りも予想されます。

(1) 買い取ってもらうつもりがなければ、電話勧誘の際も、訪問時もきっぱり断りましょう。
(2) 来訪を承諾した場合でも、一人で対応するのはやめて、家族や知人に同席してもらいましょう。
(3) 契約前に業者名や住所、連絡先を確認するとともに、古物商許可証等の提示を求め、内容を書き留めておきましょう。これに応じない業者との契約はやめましょう。
(4) 買い取り条件、解約の可否等、明記された書面を必ずもらいましょう。

相談専用電話:047-451-6999
月曜日~金曜日(祝日除く)午前9時30分~正午、午後1時~4時

 

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747