習志野市

Multilingual

健康食品の電話勧誘に注意!

更新日:2012年8月15日

健康に不安を感じている人に電話し、病歴や体調を聞き取り、からだをいたわるように話し、気を許したところで、多量で高額な健康食品を契約させるという相談が入っています。

相談
健康食品を勧める電話がかかってきて、無料の試供品だけならと送ってもらうことにした。その際、私のからだのことも気遣ってくれるので、ついガンの手術をしたことを話してしまった。試供品が届き、飲み終わった頃にも電話があり、「ガンが再発しないよう続けて飲みましょう。」と言われ、なんとなく承諾してしまった。翌日多量の健康食品が届いたが、同梱されていた契約書の金額は15万円だった。払える金額ではないし、飲むことの不安があるので、解約したい。

アドバイス
 相談者の場合、契約書面を受取ってから8日間以内だったので、クーリング・オフのハガキを出して解約できました。
健康食品の電話勧誘を受けた場合、以下のような点に注意しましょう。

  • 自分にとって必要でないものはきっぱりと断る

  一人暮らしや同居していても家族との会話がないと自分の体調を心配し、健康のアドバイスをくれる人には気を許しがちですが、営業員のやさしさは契約を取るためだと割り切り、必要のないものはきっぱりと断りましょう。

  • 断る際の電話は手短に

  話が長くなると、相手のペースに乗せられてしまいます。「必要ありません」「電話をかけないでください」と手短に切りましょう。

  • 効果・効能をうたう勧誘に注意

  健康食品はあくまでも食品です。効果・効能をうたうことはできません。「ガンがよくなります」等の勧誘には注意しましょう。

  • 断り切れずに契約しても、あきらめない

  電話勧誘販売では、契約書面を受取った日から8日間以内であれば、クーリング・オフをすることができます。
  また、8日を過ぎた場合でも解除できる場合がありますので、ご相談ください。

問い合わせ先

このページは、消費生活センターが担当しています。

所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)

電話:047-489-5230

FAX:047-453-5747