習志野市

Multilingual

国民健康保険

ご確認ください!

75才以上の方、65才から74才で一定の障がいがありお手続きをされた方は、後期高齢者医療制度に加入しています。詳しくは後期高齢者医療制度のページをご覧ください。

また、ご不明な点は、よくある質問もご確認ください。

国保年金課からのお知らせ

国民健康保険のしくみについて

国民健康保険の届出(手続き)について

国保で受けられる給付、助成について

 医療機関の窓口で保険証を提示すれば、医療費の一部(自己負担分)の支払いですみます。

 やむをえない事情により、医療費を全額自己負担していただいた場合、申請をしていただくことにより、審査によって決定した額から自己負担分を除いた額が、世帯主へ支給されます。

 同じ月内に医療費の自己負担額が一定の限度額を超えた場合には、その超えた額が国保から高額療養費として支給されます。また、市に申請いただいて限度額適用認定証の交付を受けておくと、医療機関の窓口でお支払いをされる際に一定の限度額までの自己負担ですみます。

 入院中の食事の自己負担分は、通常、1食あたり460円ですが、市民税非課税世帯の方は市役所に申請していただき「標準負担額減額認定証」の交付を受け、これを医療機関に提示すると負担が軽くなります。

 医療保険と介護保険の自己負担額の合計が一定の限度額を超えた場合は、申請することにより超えた額が支給されます。

 国民健康保険の加入者が出産したとき、世帯主に出産育児一時金を支給しています。

 国民健康保険の加入者がお亡くなりになったとき、葬儀を行った人(喪主)に5万円を支給しています。

 自覚症状に乏しく、気づかないうちに進行して大きな病気につながることがある「生活習慣病」の発症や重症化の予防を目的として健康診査を実施しています。費用は無料です。

 日帰り短期人間ドックの費用の一部を助成しています。

国民健康保険料の計算、納付について

 あわせて保険料を軽減する制度についてもご説明しています。

保険料のお支払いが困難な場合は、そのままにせず、必ずご相談ください!

国民健康保険の運営、計画について

よくある質問コーナー