このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度

更新日:2021年9月16日

健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときには、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

健康被害救済制度について

 一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

※健康被害:接種後におこる極めてまれな、脳炎や神経障害などの重い副反応

(国の審査会では、疾病の程度が通常起こりうる副反応の範囲内であることにより否認となるケースが散見されます)

申請から認定・給付までの流れ

 請求者は、給付の種類に応じ、本市に請求をします。
 本市は、請求書を受理した後、 習志野市予防接種健康被害調査委員会において、医学的な見地から当該事例について調査し、因果関係が否定できないと認められた事案について、県を通じて国へ進達をします。
 国は、疾病・障害認定審査会に諮問し、答申を受け、県を通じて本市に通知をします。
 その後、給付が認められた事例に対して給付が行われます。

給付の種類

給付の種類 説明 給付額
医療費 かかった医療費の自己負担分  健康保険等による給付の額を除いた自己負担分
医療手当 入院通院に必要な諸経費  通院3日未満 (月額) 35,000円
 通院3日以上 (月額) 37,000円
 入院8日未満 (月額) 35,000円
 入院8日以上 (月額) 37,000円
 入院と通院がある場合(月額) 37,000円
障害児養育年金 一定の障害を有する18歳未満の者を養育する者に支給  1級(年額) 1,581,600円
 2級(年額) 1,266,000円
障害年金 一定の障害を有する18歳以上の者に支給  1級(年額) 5,056,800円
 2級(年額) 4,045,200円
 3級(年額) 3,034,800円

死亡一時金

死亡した方の遺族に支給  44,200,000円
葬祭料 死亡した方の葬祭を行う者に支給  212,000円

※給付額は、令和3年4月現在の内容です。
※事例により、表の給付額と異なる場合があります。

申請時必要書類

 申請に必要な書類

医療費
医療手当

障害児

養育年金

障害年金

死亡一時金

葬祭料

請求書

受診証明書

       

領収書等

       

診断書

 

   

死亡診断書等

     

埋葬許可証等

       

接種済証

診療録等

住民票等

 

 

 

戸籍謄本等

 

 

 ※現在の給付額や各給付の「請求書」等は、厚生労働省ホームページより入手いただけます。 

注意事項

  1. 後日、追加資料を提出していただく場合があります。
  2. 提出書類は発行に費用が生じるものもあります。(費用は請求者の負担です。)
  3. 通常、国が申請を受理してから、疾病・障害認定審査会における審議結果を県知事に通知するまで、1年以上の期間を要する場合もあります。

※申請を検討されている方は、健康支援課まで、事前にご相談ください。

問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-2961 FAX:047-451-4822

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る