このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年4月1日以後に発生する延滞金について

更新日:2016年12月22日

 平成25年4月1日、市の債権の管理に関する事務処理について必要な事項を定めることにより、公正かつ公平な市民負担の確保及び市の債権管理の一層の適正化を図り、もって健全な行財政運営に資することを目的とし、習志野市債権管理条例を施行しました。
 本条例第8条(延滞金)の規定により、平成26年4月1日以後に納期限が到来する全ての公債権について、納期限までに納付されなかった場合、延滞金が課されることになりますのでご注意ください。

対象債権

平成26年4月1日以降に延滞金が発生する公債権

・ただし、習志野市債権管理条例とは別の条例により、既に延滞金徴収について規定されている公債権は除きます。

延滞金等の割合

平成29年1月1日以降の期間より延滞金の割合を以下のように見直します

(1)・・・納期限の翌日から1月を経過する日までの期間については「年7.3%」と「特例基準割合(※)+1%」のいずれか低い割合を適用することとなり、下表の(1)の割合が適用されます。

(2)・・・納期限の翌日から1月を経過する日の翌日以降については「年14.6%」と「特例基準割合(※)+7.3%」のいずれか低い割合を適用することとなり、下表の(2)の割合が適用されます。

(3)・・・還付加算金の割合は、各年の特例基準割合が年7.3%に満たない場合には、その年中においては、その特例基準割合とします。

期間

割合

(1)

(2) (3)
平成26年1月1日〜平成26年12月31日 2.9% 9.2% 1.9%
平成27年1月1日〜平成27年12月31日 2.8% 9.1% 1.8%
平成28年1月1日〜平成28年12月31日 2.8% 9.1%

1.8%

平成29年1月1日〜平成29年12月31日 2.7% 9.0% 1.7%

※特例基準割合とは、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に年1%の割合を加算した割合を言います。(なお、平成29年中の「特例基準割合」は1.7%となります)

※※公債権以外の債権について、納期限を過ぎたものには、他の法令や契約において特別の定めがない場合、民法の規定により納期限の翌日から年5%の遅延損害金を徴収します。

延滞金は軽減又は免除されることがあります

 納期限までに納付しなかったことについて、やむを得ない理由があると認められる場合には、延滞金の軽減又は免除されることがあります。申請が必要となりますので、担当課までご相談ください。

納期限内の納付をお願いします

 納期限内に納付されている方との公平を保つための延滞金の徴収ですので、皆さんのご理解と、納期限内の納付へのご協力お願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは債権管理課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-7358 FAX:047-453-9248

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る