「電気料金が安くなる」という勧誘に注意!

更新日:2022年09月29日

ページID : 8981

相談

  1. 知らない業者から「電気代が安くなる方法を説明しに行く」と電話があったが信用してもよいか。
  2. 訪問してきた業者が「太陽光発電システムを設置し、売電すれば電気代が安くなる」と言うが、契約しても大丈夫か。

アドバイス

4月1日から電力の小売全面自由化がスタートしました。これまでは地域ごとに10社に分かれていた大手電力会社から供給される電気を利用するだけでしたが、4月から家庭でも自由に電気事業者を選ぶことができるようになりました。各社新メニュー、割安プランを用意しています。

  1. 「電気代が安くなる」と勧誘された際は、事業者名は必ず聞き、どのような条件で安くなるのかを確認することが大切です。電力以外の商品やサービスとのセット料金なのか、契約期間が長期なのか、解約時に違約金が発生するのか等を確認し、即座に決めるのではなく、よく理解してから契約しましょう。契約をした場合でも、訪問販売や電話勧誘販売ではクーリング・オフが可能です。
  2. 太陽光発電システムの他、同様に電気温水器、蓄電池などの勧誘も行われています。設置費用は掛かりますので、今本当に必要なものかよく考えて契約しましょう。

 まだ電気事業者を決めていない家庭も、大手電力会社からの供給は続きますので、手続きをしないと電気が止まってしまうという心配は不要です。電気メーターが新しくなったことは気づきましたか?使った電気の量を通信で知らせる「スマートメーター」が大手電力会社により設置されていますが、取替え費用は発生しませんので、費用の請求をするような事業者には注意してください。

問合せ

消費生活センター 451−6999

この記事に関するお問い合わせ先

このページは消費生活センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)
電話:047-489-5230 ファックス:047-453-5747
キャッチボールメールを送る

この記事に気になることはありましたか?

市ホームページをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

感想をお聞かせください