このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

乳児(1歳未満)

更新日:2016年5月6日

反応の確認、通報

 片膝を持って足の裏をたたき、耳元で呼びかけて、反応があるか、からだが動くかを見ます。
 これを3回行います。

 反応がなければ、助けを呼んで119番通報(救急車を呼ぶ)とAEDを持ってくるようにと依頼します。

呼吸の確認

口元の動き、胸の上がり下がりを見て呼吸があるかどうか又は※あえぎ呼吸ではないかを10秒以内で確認します。

※あえぎ呼吸(死戦記呼吸ともいう)
心停止直後に見られ、口をパクパクし、あごをしゃくりあげるような途切れ途切れに起こる呼吸。
これが見られたら「呼吸なし」と判断します。

胸骨圧迫

正常な呼吸をしていなかった場合は胸骨圧迫に入ります。
左右の乳頭を結ぶ線の中心の少し下(指一本分)に指先2本をあてます。あてた指をまっすぐ立てて真上から強く(胸の厚みの約3分の1沈むほど)(過剰な圧迫は避ける)、速く(1分間に100〜120回のテンポで)、絶え間なく(30回連続で)圧迫します。
 胸を圧迫したら胸を元の厚さまで戻す、解除を忘れないように注意します。

気道の確保

1本(人差し指)の指で、あご先を上げ、おでこに手のひらをあてて軽く頭をそらし、気道を確保します。
頭のそらしすぎ(過後屈)はいけない!!

人工呼吸

気道確保をしながら自分の口で、患者の口と鼻孔(びこう)を覆い、1秒かけて軽く胸が上がる程度に息を吹き込みます。
これを2回繰り返します。

胸骨圧迫と人工呼吸の繰り返し

「胸骨圧迫を30回、人工呼吸2回」を1セットとして、救急車が到着するか、はっきりと反応が出るまで繰り返します。
胸骨圧迫30回後の人工呼吸は、すばやく行ない、10秒以内で次の胸骨圧迫をはじめてください。

AED

AEDは全年齢に使用可能です。
患者が未就学児(およそ6歳以下)の場合は、大人用パットを小児用パットに換えて使ってください。
スイッチにより小児モードに切替えできるタイプもあります。
これらがない場合は、大人用パットをそのまま使ってください。

AEDの使い方は、「AEDを用いた応急手当」を参照してください。

問い合わせ先

このページは警防課が担当しています。
所在地:〒275-0014 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番43号 消防庁舎3階
電話:047-452-1283 FAX:047-454-8151

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る