このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

普通救命講習受講率日本一を目指す実施計画

更新日:2019年12月2日

普通救命講習受講率日本一を目指す実施計画について

 本市では、「普通救命講習市民受講率日本一を目指し、行政と市民が一体となった救急体制の構築」の実現に向け、平成26年度末までに普通救命講習の年間受講者数が4,000人、本市の対人口比2.5%となるよう第1次実施計画を策定し、平成24年4月1日から開始しました。
計画初年度となる平成24年度は4,567人(人口比2.8%)、平成25年度は4,793人(人口比2.9%)、平成26年度は4,929人の方が普通救命講習(上級救命含む)を受講しており、3年連続で目標の4,000人を達成することができました。
 さらに平成31年度末までに普通救命講習の年間受講者数が5,800人、本市の対人口比3.5%となるように第2次実施計画を策定し、平成27年4月1日から開始しました。
 第2次実施計画初年度となる平成27年度は4,761人(人口比2.8%)、平成28年度は4,641人(人口比2.7%)、平成29年度は4,223人(人口比2.4%)、平成30年度は4,869人(人口比2.8%)の方々に受講して頂きました。
 今後は今まで以上に学校などの関係機関並びに「消防団」、「消防協力隊」、市民ボランティア団体の「ならしの救命普及市民の会」と連携を深めるとともに指導体制の強化を図り、普通救命講習受講者数5,800人を目指し、努めてまいります。

 詳しくは、下記「普通救命講習受講率日本一を目指す実施計画(PDF:561KB)」をクリックし、ダウンロードしてご覧ください。

平成31年 4月1日から令和元年11月末日までの普通救命講習及び上級救命講習受講者数

普通救命講習受講者数(即報値)

4315人

上級救命講習受講者数(即報値)

30人

合計

4345人

普通救命講習を受講して、応急手当を身につけましょう

 消防本部では、毎月9日、19日、29日に習志野市在住、在勤、在学の方を対象に、無料で普通救命講習を消防庁舎で開催しています。また救命講習の指導員が、事業所などの団体へ出向いて、普通救命講習を開催することもできます。
 詳しくは消防本部警防課まで、お問い合わせください。

普通救命講習とは?

 心肺蘇生法(胸骨圧迫、人工呼吸)、AEDの使用方法、窒息の手当て、止血方法などを学ぶコースです。

普通救命講習
普通救命講習(実習)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは警防課が担当しています。
所在地:〒275-0014 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番43号 消防庁舎3階
電話:047-452-1283 FAX:047-454-8151

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る