このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【令和3年度実施】新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減った方等を対象に保険料の減免を行います。

更新日:2021年6月1日

新型コロナウイルス感染症により、千葉県においても緊急事態宣言が発出されるなど大きな影響がありました。 この影響により収入が減った方等を対象に、保険料の減免措置を行います。
令和元年度・令和2年度の保険料の減免について詳しくは「【令和2年度実施】新型コロナウイルスの影響により収入が減った方等を対象に保険料の減免を行います。」のページをご覧ください。
なお、令和2年度実施分の減免の申請期限は令和3年5月末日までです。

減免の対象となる世帯

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯
※主たる生計維持者とは、通常、世帯主のことを指します。
※重篤な傷病とは、おおむね1箇月以上の治療を有すると認められる場合など、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場合を指します。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の令和3年中の収入が減少した世帯で、次の1から3のすべてに該当する世帯
1.事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入のいずれかが令和2年中の収入に比べ10分の3以上減少していると見込まれること
2.主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額が1000万円以下であること
3.減少する見込みの収入以外の、令和2年中の合計所得金額が400万円以下であること

※主たる生計維持者とは、通常、世帯主のことを指します。
※令和3年中の収入の減少額は、見込みで判断することができます。
※非自発的失業にかかる軽減措置の対象者は、軽減措置を優先し、原則、本減免の対象とはなりません。(非自発的失業者にかかる軽減措置)
※収入が減少した理由が新型コロナウイルス感染症の影響ではない場合、減免の対象とはなりません。(例:懲戒解雇、昨年中の離転職による減収等)

※令和2年度末に国保の資格を取得した等の理由により令和3年4月以降に納期限が設定された令和2年度分の保険料の減免を受ける際は、「令和3年」を「令和2年」に、「令和2年」を「令和元年」にそれぞれ読み替えてください。

減免対象となる保険料と減免額

 減免対象となる保険料は、
「(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯」については、
令和2年度と令和3年度の保険料で、令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている保険料の全額が減免されます。

「(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が減少した世帯で、次の1から3のすべてに該当する世帯」については、
令和2年度と令和3年度の保険料で、令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている保険料(A)に、
主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る所得額(B)をかけ、
主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の合計所得金額(C)で割った金額に、
前年の合計所得金額に応じた下記減免割合(D)をかけた金額です。

減免割合
主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額減免割合
300万円以下全部(10分の10)
400万円以下10分の8
550万円以下10分の6
750万円以下10分の4
1,000万円以下10分の2

※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合は、令和2年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料の全部を免除(減免割合を10分の10)とします。

必要書類

 申請に必要な書類については、以下のとおりです。
 「(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯」については、医師の診断書等その事実がわかる書類。
 「(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が減少した世帯で、次の1から3のすべてに該当する世帯」については、世帯主および世帯の被保険者全員の令和2年中の収入・所得がわかる書類、主たる生計維持者の令和3年中の収入が減少したことがわかる書類、保険金または損害賠償等により補填される金額がある場合はその金額がわかる書類。
例:源泉徴収票、令和3年1月からの給与明細など

※令和2年度末に国保の資格を取得した等の理由により令和3年4月以降に納期限が設定された令和2年度分の保険料の減免を受ける際は、「令和3年」を「令和2年」に、「令和2年」を「令和元年」にそれぞれ読み替えてください。

申請方法

 申請方法は、窓口もしくは郵送での申請です。
 窓口での申請を希望の場合は、必要書類をご用意のうえ、窓口へご来庁ください。
 郵送での申請をご希望の場合は、まずはお電話にて相談ください。減免申請書を郵送いたします。必要書類を添えてご申請ください。

納付の猶予制度

 減免の有無にかかわらず、納付が困難な場合は、ご事情によって一定の期間、納付をお待ちする納付の猶予制度があります。詳しくは、税制課にお問い合わせください。

問い合わせ先

このページは国保年金課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎GF階(グラウンドフロア)
電話:047-453-9209 FAX:047-453-9317

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る