このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

よくあるお問い合わせ(空き家の近隣のかた向け)

更新日:2021年3月12日

空き家を適正に管理する責任は、所有者等(所有者又は管理者)にあります。
隣同士の問題は、たとえそれが空き家であったとしても、民事の問題として原則当事者間で解決していただくことになります。
所有者等の連絡先をご存知であれば、直接のお話し合いをお願いします。

よくある質問

Q1. 隣の空き家の樹木の枝が越境して困っている

樹木の越境については、基本的には民事(相隣関係)の問題です。市で切ることはできません。
同様に、雑草やツタの繁茂についても、所有者等が手入れをすることになり、市で刈ることはできません。

Q2. 空き家に蜂の巣ができて困っている

駆除は基本的に空き家の所有者等が行うことになります。市で駆除することはできません。
ただし、スズメバチに関しては緊急性が高いと思われるため、お困りでしたら市にご相談ください。

Q3. 空き家に動物が住み着いて困っている

空き家の所有者等がハクビシン等の害獣が住み着かないように対策することになります。
市で駆除することはできません。

Q4. 空き家の所有者を調べたい

法務局で登記事項証明書の交付を受けたり、登記簿等の閲覧をすることで、土地や建物の所有権を有する者の氏名、住所を確認することができます。これは公の情報であり、どなたでも閲覧することができます。
ただし、最新の情報でない場合もあります。
詳しくは、弁護士や司法書士などの法律の専門家にご相談ください。

Q5. 隣の空き家の傾きや落下物などにより、自宅等に被害があった

弁護士に相談をしてみてください。
習志野市では、無料の法律相談があります。

Q6. 所有者等にはどのような責任があるのか

建物が倒れたり、瓦等が落下する等により、近隣の家屋や通行人等に被害が及んだ場合、その建物の所有者等は損害賠償などの管理責任を問われます。

Q7. 税務署や金融機関等から差押えを受けた空き家は、誰に管理責任があるのか

管理責任は所有者等にあります。
差押えを受けると、一般に売却等ができなくなりますが、所有権や管理責任が差押えた者に移るわけではありません。
差押えた者の申し立てで競売などが行われ、落札した者に所有権が移転されるまでは、所有者等に管理責任があります。

Q8. 空き家に不法侵入者がいるようで不安だ

空き家に不法侵入者がいる間に警察へ通報してください。
ただし、不法侵入者ではなく、所有者等が管理に訪れている場合もありますので、ご注意ください。

Q9. 老朽化した空き家を市が解体してくれるのか

原則、市では解体を行いません。空き家の所有者等に対し、適正な管理を行うよう促すなど取り組んでおります。
ただし、「空家等対策の推進に関する特別措置法」では、そのまま放置すれば倒壊するおそれがあるなど、適正に管理されていない空き家を「特定空家等」とし、空き家の除却や修繕など、周辺の生活環境の保全を図ることが必要と認められる場合には、市が所有者等に対し、法律に基づく「助言」や「指導」、「勧告」、「命令」等を行うことができるなどが定められています。
空き家の問題は原則、当事者間で解決していただくこととなりますが、所有者等の連絡先がわからないなどお困りでしたら、一度、習志野市役所防犯安全課までご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは防犯安全課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9304 FAX:047-453-5578

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る