このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

配水系統の切替作業による万一のにごり水の発生にご注意ください。<6月4日〜8月末日(予定)>

更新日:2019年3月15日

 習志野市企業局では、老朽化した第1給水場の一部施設を更新するとともに、新たに建設する(仮称)第4給水場に配水機能を移し、配水系統を切替えます。
 この切替作業により、水道管内の水流が変化することから、にごり水が発生する可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

切替作業期間

6月4日(火曜日)〜8月末日(予定)
※断水はありません。配水に影響が生じないよう時間をかけて運転調整を行います。

にごり水発生の可能性がある区域(下図の青色部

習志野市企業局の給水区域すべて(習志野市域のJR北側及び船橋市の一部)が対象です。

にごり水発生区域は、JR以北の、津田沼、藤崎、鷺沼台、花咲、大久保、本大久保、泉町、屋敷、新栄、実籾、実籾本郷、東習志野、船橋市三山等です。

水道管の洗浄作業の実施(5月を予定)

 にごり水の発生を最小限にするため、あらかじめにごり水の原因となる水道管内の鉄分等を取り除く水道管の洗浄作業を行います(5月を予定)。しかしながら、洗浄作業を行っても、原因をすべて取り除くことはできないことに加え、複数の箇所で水流の変化が起こると想定されることから、給水区域の全域でにごり水が発生する可能性がありますのでご了承ください。
※洗浄作業区域に該当するお客様には、別途お知らせのうえ、作業を実施いたします。

切替期間中にお客様にお願いしたいこと

水が濁っている場合

 にごり水が発生した際は、きれいになるまで水を流してください。使用用途によっては、事前にくみ置きしておくことなども有効ですのでご検討ください。

  • 少量のにごり水を飲んでしまっても直ちに健康を害することはありませんが、明らかに水が濁っている時は飲まないようにしてください。
  • にごり水で洗濯すると、洗濯物に色が付着する恐れがあります。色が付着した場合は、還元系漂白剤を使用してください。(還元系漂白剤は衣類に付いた鉄さびなどの汚れを落とす効果がありますが、色物は色落ちの恐れがありますのでご注意ください。)

水を出し続けてもにごり水が解消しない場合

 10分ほど水を流し続けても解消されない場合、お手数ですが企業局までご連絡ください。

配水系統の切替について

配水系統の切替作業とは?

 現在は、3つの給水場(第1、第2、第3給水場)から配水を行っています。
 今回の切替作業により、第1給水場から(仮称)第4給水場に配水機能を移行し、切替後は第2、第3、(仮称)第4給水場から配水を行います。
※配水とは、お客様に水道水を供給するために、給水場から水を送り出すことです。
※第1給水場は一部施設を更新し、引き続き浄水施設として使用します。

なぜ切替作業でにごり水が発生するのですか?

 通常は、水道管内の水の流れが一定のため、にごり水は発生しません。しかしながら、切替作業の際、水道管内を流れる水の方向や速さが変化します。この流れの変化により水道管内部に付着した鉄分などが剥がれて水道水に混じると、一時的ににごり水が発生します。

万一、広範囲ににごり水が発生し、解消されない場合は、状況に応じて応急給水を行います。

 応急給水を行う場合は、実施場所・時間等の詳細について広報車、ホームページ、緊急情報サービス「ならしの」等により情報発信を行います。
 緊急情報サービスは「習志野市の緊急事態」、「その他」を受信設定している方にメール配信を行いますので登録をご確認ください。

※緊急情報サービス「ならしの」URLリンク

問合せ先(電話番号:習志野市企業局 047-475-3321

  • にごり水等の水質異常、応急給水につきましては、保安課維持係まで。
  • 給水場の工事、配水系統の切替につきましては、供給課施設係まで。

問い合わせ先

このページは工務管理課が担当しています。
所在地:〒275-8666 千葉県習志野市藤崎1丁目1番13号
電話:047-475-3321 FAX:047-477-8984

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る