このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新生児聴覚検査

更新日:2021年4月1日

令和3年4月1日から、新生児聴覚検査の費用の一部を助成します。

新生児聴覚検査とは

新生児聴覚検査とは、生まれて間もないあかちゃんを対象に行う耳のきこえの検査です。
自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)、聴性脳幹反応検査(ABR)、耳音響放射検査(OAE)のいずれかによる検査で、あかちゃんが眠っている間に受けることができます。
きこえの障害は、早期に発見し、適切な支援を受けることで、ことばの発達を促すことができます。
きこえの障害を早期に発見し、適切な対応や支援につなげるために、新生児聴覚検査を受けましょう。

新生児聴覚検査の費用助成について

1 対象者

令和3年4月1日以降に生まれた習志野市に住民票がある生後50日以内の乳児、
または習志野市に住民票がある妊婦が出産した生後50日以内の乳児

2 助成金の額

1回のみ3,000円を上限にj助成します。
検査費用が助成額を上回った場合の差額や2回目以降の検査費用は助成の対象になりません。

3 検査内容

委託医療機関において自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)、聴性脳幹反応検査(ABR)、 耳音響放射検査(OAE)のいずれかによる検査。
検査は通常、分娩した医療機関で入院中に行われます。聴覚検査を実施していない医療機関で分娩する場合は、お問い合わせください。

4 助成方法

(1) 新生児聴覚検査受診票での助成
 ⇒ 令和3年度交付の母子健康手帳からは、 母子健康手帳別冊内の「医療機関委託新生児聴覚検査受診票」を千葉県内の医療機関に提出してください。

(2) 償還払い 
1) 令和2年度中に妊娠届をし、母子健康手帳を交付された妊婦
 ⇒ 令和3年4月1日以降に新生児聴覚検査を受診した場合は、償還払いとなります。
2) 千葉県外の委託契約をしていない医療機関で受診の場合
 ⇒ 償還払いとなります。

新生児聴覚検査費用助成金申請(償還払い)について

●償還払いに必要な書類

(1) 新生児聴覚検査費用助成金申請書兼請求書(償還払用)

(2) 医療機関発行の領収書(新生児聴覚検査分の費用が明記されたもの)

(3) 新生児聴覚検査の結果のコピー

(4) 印鑑

(5) 申請者本人名義の銀行口座がわかるもの(通帳等)
  ・ 『指定する金融機関の預金口座』が申請者と名義が異なる場合は委任状が必要です。


新生児聴覚検査費用助成金申請書(償還払い)(PDF:352KB)
【記入見本】 新生児聴覚検査費用助成金申請書(償還払い)(PDF:394KB)

<注意事項>
○申請期限は、検査費用を支払った日から2年以内です。
○郵送による申請は受け付けていません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-2961 FAX:047-451-4822

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る