このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

利用料が高額になったら

更新日:2018年8月28日

高額介護サービス費

1ヶ月間に支払った1〜3割の自己負担が、下表の限度額を超えたときは、その超えた分が払い戻され、負担が軽くなるしくみになっています。
(注釈)居住費、食費、日常生活費などは含みません。

該当者には市からお知らせを送付しますので、「高額介護サービス費支給申請書」を提出してください。初回の申請以降は申請の手続きを省略することが出来ます。

自己負担の限度額(世帯合算します)
区分 限度額
(H29年7月分まで)
限度額
(H29年8月分から)
生活保護の受給者 15,000円 15,000円
市町村民税世帯非課税で老齢福祉年金受給者(※1) 24,600円 24,600円
市町村民税世帯非課税で本人の合計所得金額と
課税年金収入額との合計が80万円以下の人(※1)
24,600円 24,600円
市町村民税世帯非課税で上記以外の人 24,600円 24,600円
市町村民税世帯課税の人 37,200円 44,400円(※3)
医療保険制度における現役並み所得者相当の人(※2) 44,400円 44,400円

※1ただし、個人での利用は、15,000円を限度といたします。
※2同一世帯内に65歳以上で課税所得145万円以上の人がいる人。
ただし、65歳以上の人の収入の合計が、1人の場合に383万円未満、2人以上の場合に520万円未満の世帯は「市町村民税世帯課税の人」と同様の限度額になります。

※3市町村民税世帯課税の人のうち、1割負担の人は年間で446,400円が限度額になります。

高額医療合算介護サービス費

同じ医療保険の世帯内で、医療と介護の両方を合わせた一年間の自己負担が、下表の限度額を500円以上超えた場合、申請をすると超えた分が支給され、負担が軽くなる制度です。

医療と介護の自己負担合算後の限度額(年額) 70歳以上の人
区分 後期高齢者医療制度

介護保険
(75歳以上の人)
医療保険

介護保険
(70〜74歳の人)
現役並み所得者 67万円 67万円
一般
(市町村民税世帯課税の人)
56万円 56万円
低所得者
(市町村民税世帯非課税の人)
下記以外の人 31万円 31万円
世帯の各収入から必要経費・控除を
差し引いたときに所得が0円になる人
(年金収入のみの場合80万円以下の人)
19万円 19万円
医療と介護の自己負担合算後の限度額(年額) 70歳未満の人
区分 <平成26年8月〜平成27年7月>
医療保険

介護保険
(70歳未満の人)
<平成27年8月〜>
医療保険

介護保険
(70歳未満の人)
※基準総所得額
(旧ただし書所得)
901万円超 176万円 212万円
600万円超〜901万円以下 135万円 141万円
210万円超〜600万円以下 67万円 67万円
210万以下 63万円 60万円
低所得者
(市町村民税世帯非課税の人)
34万円 34万円

※旧ただし書所得とは、前年の総所得金額等の合計から、基礎控除額33万円を差し引いたものです。土地建物等の譲渡所得について特別控除の適用がある場合は、控除後の金額を総所得金額等に合算します。また、雑損失の繰越控除は適用されません。
※計算期間は、毎年8月から翌年7月までの12ヶ月間です。

問い合わせ先

このページは介護保険課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-7345 FAX:047-453-9309

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る