このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

主な事業

更新日:2007年8月22日

企画政策部

平成13年度企画政策部における主な事業は、次のとおりです。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-1) 豊かな人間性を育む教育の推進
b.次代をひらく学校教育の充実
(1) 幼保一元化検討事業
1-2) 保健・医療・福祉環境の整備
c.高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉などの充実
(1) 鉄道駅のバリアフリー化等の改善事業
1-3) 市民と行政との「協働型」社会の実現
(1) 21世紀市民会議
(2) 広報習志野の発行
(3) 市内案内冊子等発行事業
(4) テレホンガイド事業
(5) CATV広報番組の制作、放送
(6) ホームページ制作事業
(7) 自治振興事業
(8) 地域集会所整備事業
(9) 広報掲示板整備事業
(10) 平和活動推進事業
(11) 地域まつり支援事業
(12) 自治宝くじ助成事業
(13) まちづくりパートナーシップ新世紀事業
(14) 市内施設見学会
(15) まちづくり出前講座
(16) 緊急苦情等対策事業
(17) 女性政策推進事業
(18) 女性の生き方相談事業
(19) 女性問題啓発事業

1-4) 地方分権時代を踏まえたまちづくりの推進
(1) 習志野市基本構想、基本計画関連事業
(2) 行政評価システムの導入
(3) グループ制の一部実施と完全実施に向けた検討

2.都市と自然が共生したまち

2-3) 美しい都市環境の創造
(1) 千葉港海岸習志野地区海浜整備事業(千葉県事業)

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-1) 安全で安心なまちづくりの推進
c.消費者保護対策の充実
(1) 消費生活相談事業
(2) 消費生活展開催事業

3-2) 効果的な土地利用の推進
(1) 京葉港第二次埋立地の利用促進
3-4) 地域情報化の推進
(1) 情報通信技術講習推進事業
(2) 情報公開・個人情報保護制度推進事業
(3) 地域情報化推進事業
(4) 財務会計事務電算処理事業
(5) 事務のOA化推進事業

4.活気あふれるいきいきとしたまち

4-3) 都市間・国際間交流の促進
(1) 習志野市国際交流協会への助成

総務部

平成13年度の総務部における主な事業は、次のとおりです。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-4) 地方分権時代を踏まえたまちづくりの推進
(1) 職員研修事業
(2) 法務課の新設
(3) 職員の再任用制度を創設
(4) 給与表の全面見直し(9級制へ移行)

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-1) 安全で安心なまちづくりの推進
a.防災対策の充実
(1) 総合防災訓練事業 東部5地区(実花、東習志野、実籾・新栄、本大久保・花咲・屋敷、大久保・泉・本大久保)で実施しました。

財政部

平成13年度の財政部における主な事業は、次のとおりです。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-4) 地方分権時代を踏まえたまちづくりの推進
(1) 行政改革の積極的な推進と、予算編成及び予算の執行管理
(2) 市有地の売り払いによる財源の確保
(3) 特別滞納整理係の設置による市税等滞納整理の強化
(4) 市税等の口座振替の促進

2.都市と自然が共生したまち

2-3) 美しい都市環境の創造
(1) 習志野厩舎建替事業(平成11年度〜平成13年度継続費)

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-2) 効果的な土地利用の推進
(1) 市有地の売り払いによる財源の確保(再掲)

保健福祉部

平成13年度保健福祉部は、少子高齢化社会への対応を中心に下記主要事業を実施しました。
また、少子化社会に対応するため機構改革を実施し、「児童課」を「保育課」と「子育て支援課」の2課に分け、組織の強化を図りました。
少子化施策としては、特に保育行政の充実を図り、懸案であった一時保育、産休明け保育、早朝時間外保育の延長を実施しました。
また、高齢化社会への重点施策として、急増する入所希望者に対応するため、市有地の無償貸付による誘致型の民設民営方式により、特別養護老人ホームを整備すべく、社会福祉法人の募集・選考作業を実施しました。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-2) 保健・医療・福祉環境の整備
a.保健・医療の充実
(1) 千葉県済生会習志野病院新病院整備助成
千葉県済生会が国立習志野病院の移譲を受けて新病院を整備するにあたり、習志野市民の生命と健康を守るための医療の確保の観点から財政支援をしました。
(2) 救急医療体制の整備
夜間の一次診療を習志野市急病診療所に定点化いたしました。
(3) 予防接種事業の拡充
予防接種法一部改正により、65歳以上の方を対象にインフルエンザ予防接種を実施しました。

b.地域福祉の充実
(1) 社会福祉協議会補助事業
地域福祉の中心的な役割を担う社会福祉協議会の活動に対して支援しました。
(2) 民生・児童委員、母子福祉推進員等の活動に対して支援しました。
(3) 海浜霊園の管理運営
平成9・10年度に増設した600基のうち130基及び返還墓地7基を使用許可しました。

c.高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉などの充実
(1) 敬老事業の実施
従来の敬老会を見直し、連合町会・町会・自治会等が主催となり、地域で実施する敬老事業に対し補助しました。
(2) 老人スポーツ事業の充実
高齢者の生きがい対策及び健康増進を目的として、各種スポーツ大会の充実を図りました。
(3) 徘徊高齢者家族支援サービス事業
徘徊のある高齢者及びその家族に対し、位置情報専用探索機を貸与しました。
(4) 在宅介護支援センター事業の拡充
セイワ習志野在宅介護支援センター運営委託の実施。
(5) 介護相談員派遣事業
介護サービス利用者の相談や事業所との調整のために、相談員を派遣する制度を開始しました。
(6) 重度身体障害者デイサービス事業準備費
重度身体障害者の介護型デイサービスを実施するための施設整備等を行いました。
(7) 一時保育の実施(大久保保育所、谷津保育所)
(8) 産休明け保育の実施(本大久保第二保育所、菊田第二保育所)
(9) 時間外保育の延長
時間外保育の開始時間を30分早め、午前7時からに拡大しました。
(10) 保育所冷暖房設備(少子化対策臨時特例交付金事業により4保育所に設置)
(11) 子育て支援施策の充実
ファミリー・サポート・センター事業の充実。
こどもセンター事業の拡充。
(12) 児童虐待への対応
児童虐待の予防や迅速な対応ができる体制づくりを確立するため、庁内関係者による
「児童虐待防止庁内連絡会議」(委員10人)を設置しました。

環境部

平成13年度環境部は、都市と自然が共生したまちづくりに向け、ごみの減量と適正処理、環境保全対策、自然の保全や公園緑地等の整備について、以下の事業を中心に実施しました。

2.都市と自然が共生したまち

2-1) 環境政策の充実
1.清掃事業
(1) ごみ・し尿収集処理事業
(2) 不燃物及び焼却残渣等の最終処分事業
(3) (仮称)芝園新清掃工場建設事業
(4) 清掃工場焼却施設等補修工事
(5) リサイクルプラザの運営
(6) 粗大ごみ戸別収集事業
2.環境保全対策事業
(1) 公害防止条例の規制強化と監視体制の強化
(2) 地下水汚染の機構及び原因究明調査
(3) 環境ホルモン調査の実施
(4) 天然ガス自動車普及促進
(5) 小学4年生を対象に環境学習の実施
(6) 習志野エコオフィスプランの進行管理
3.リサイクル推進事業
(1) 有価物回収運動奨励事業の推進
(2) 資源物の分別収集
(3) ゴミゼロ運動の実施
(4) フリーマ−ケットの開催
(5) 生ごみ処理容器等購入費の補助
(6) リサイクル体験教室の開催
(7) 粗大ごみの再生・提供
2-2) 自然環境の保全・活用
1.自然保護対策事業
(1) 谷津干潟自然観察センターの運営
(2) 谷津干潟の日事業
(3) ラムサール条約登録湿地関係市町村会議の開催
(4) 観察指導事業
(5) 谷津干潟ガイドブック作成事業
(6) 谷津干潟保全事業
(7) 名木百選事業
(8) 実籾自然保護地区ビオトープ構築事業
2-3) 美しい都市環境の創造
1.公園等整備事業
(1) 施設整備 袖ヶ浦西近隣公園、袖ヶ浦東近隣公園、屋敷調整池跡地公園
(2) 習志野地区共同福利施設建設
(3) ハミングロード再整備事業
(4) 緑のふるさと事業

市民経済部

商工業及び農業振興の推進、勤労者対策事業の推進等活力にみちた魅力あるまちづくりと市民サービスのより一層の充実強化を図るために、以下の事業を中心に実施しました。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-2) 保健・医療・福祉環境の整備
c.高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉などの充実
(1) 国民年金収納促進
1-3) 市民と行政との「協働型」社会の実現
(1) 市民まつり開催補助事業

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-4) 地域情報化の推進
(1) 住民基本台帳ネットワークシステム事業

4.活気あふれるいきいきとしたまち

4-1) 商業、工業、農業の振興
1.商工業振興事業
(1) 中小企業振興事業
(2) 商工会議所補助事業
(3) 商店会連合会補助事業
(4) 商店街施設管理補助事業
(5) 商店街共同施設整備補助事業
(6) 工業地域団体連合会補助事業
(7) 観光対策事業
2.勤労者対策事業
(1) 中小企業退職金共済掛金補助事業
(2) 勤労者貸付預託事業
(3) 雇用対策事業
(4) 勤労会館の運営
3.農業振興事業
(1) 農道整備事業
(2) 農業祭補助事業
(3) 土壌改良補助事業
(4) 農業近代化資金利子補助事業
(5) 千葉県野菜産地活性化促進事業
(6) 野菜指定産地整備事業
(7) 園芸施設化促進事業
(8) 農業団体育成補助事業
(9) 市民農園整備事業
(10) 人参、葱試験展示圃助成事業
(11) 農業振興地域整備計画事業
4-2) 新しい産業の育成
(1) 商店街活性化調査研究委託事業
(2) 国際規格認証取得補助事業(ISO)
(3) (仮)習志野市産業振興計画策定事業

都市整備部

平成13年度の都市整備部の主な事業は次のとおりです。

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-1) 安全で安心なまちづくりの推進
b.防犯・交通安全対策の充実
1.防犯ならびに交通安全対策事業
(1) 交通安全施設整備

  • 道路反射鏡設置   43基
  • 注意標識板   11基
  • ガードレール   150メートル
  • 歩道切下げ   15箇所
  • 区画線   12,165メートル
  • 道路照明灯   11基

(2) 防犯灯設置  346灯(新設115灯、付替231灯)
(3) 交通安全運動の推進

  • 春の全国交通安全運動    平成13年4月6日〜平成13年4月15日
  • 夏の交通事故防止運動    平成13年7月20日〜平成13年8月20日
  • 秋の全国交通安全運動    平成13年9月21日〜平成13年9月30日
  • 年末年始の交通事故防止運動    平成13年12月10日〜平成14年1月3日

(4) 習志野市安全で住みよい街づくり市民大会の開催
平成13年4月12日  パレード、式典アトラクション
(5) チャイルドシート購入費用等補助事業  563件
2.自転車等対策事業
(1) 登録状況

  • 年間利用登録    14,745台
  • 一時利用登録    685,852台

(2) 自転車等の移送保管
移送保管料(自転車  1,540円   原動機付自転車  3,090円)

移送保管状況
種類 移送日数 移送保管台数 返還台数 返還率
自転車 133日 12,345台 6,196台 50.2%
原動機付自転車 25日 401台 363台 90.5%
合計 158日 12,746台 6,559台 51.5%

3-2) 効果的な土地利用の推進
1.都市計画関連調査等
(1) 都市マスタープラン策定事業
2.開発整備事業
(1) JR津田沼駅南口周辺地域開発整備事業
(2) 京成大久保駅周辺開発整備事業
(3) 京成実籾駅南口開発整備事業
(4) 京成谷津駅周辺開発整備事業
(5) 緑住区画整理事業
3-3) 快適な生活環境の創造
a.都市基盤の整備・充実
1.市道整備
(1) 市道舗装  1,277.7メートル
2.街路整備事業
(1) 都市計画道路3・3・3号線整備事業
(2) 都市計画道路3・4・11号線整備事業
(3) 都市計画道路3・4・4号線整備事業
(4) 都市計画道路3・3・1号線整備事業
(5) 都市計画道路3・3・3号線関連整備事業
3.公共下水道整備事業
(1) 津田沼処理区
管渠  面整備延長   2,027メートル
(2) 印旛処理区
管渠  面整備延長   2,608メートル
(3) 高瀬処理区
管渠  面整備延長   577メートル
b.住宅政策の充実
1.市営住宅建設・維持管理事業
(1) 屋敷団地建替事業
3号棟・4号棟の建設
(2) 市営住宅第5次補修計画(平成10年度〜平成14年度)他工事
泉団地6号棟外装改修工事他19件

消防本部

平成13年度に消防本部が行った主な事業は次のとおりです。

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-1) 安全で安心なまちづくりの推進
a.防災対策の充実
1.予防査察の実施
(1) 大規模な小売店舗・マーケット、学校、倉庫に対する予防査察の実施
(2) 寝たきりの方や、独居老人宅等の防火指導の実施
(3) 危険物施設等の予防査察の実施
2.消防訓練の実施
(1) 自主防災組織を対象とした消防訓練の実施
(2) 大規模な小売店舗・マーケット、学校、事務所等の防火対象物を対象とした消防訓練
3.救急事業の推進
(1) 救急資機材の整備
(2) 救急救命士の養成
(3) 市民への応急手当普及啓発活動の実施
4.消防関係車両の整備
(1) 藤崎分遣所水槽付消防ポンプ自動車(更新)
(2) 実籾分遣所高規格救急自動車(更新)
5.消防水利の整備
開発事業指導要綱による防火水槽、消火栓の設置

教育委員会

大きな教育の変革期にあって、教育行政の基本的視点及び教育課題を見据え、21世紀を担う習志野の子どもたちがたくましく生きていく知恵を身につけ、幼児から高齢者まですべての市民が、生き生きと充実した学習活動に取り組む生涯学習社会の推進を目指し、平成13年度の教育行政の基本方針を次のとおり定めました。
1.「一市民、一文化・一スポーツ・一ボランティア」を目標として、生涯学習社会の確立を目指し、学校、家庭、地域社会との連携、融合を図りながら生涯学習の体系づくりを積極的に推進する。
2.自ら学ぶ意欲を持ち、健やかで心豊かな幼児・児童・生徒の育成と魅力ある学校づくりを目指し、児童の権利に関する条約の主旨を充分に配慮した学校教育の充実に努める。
3.健康でうるおいのある生活を目指し、芸術・文化、スポーツの振興を図る。
4.国際社会に生きる日本人としての自覚や資質能力の育成を目指し、国際交流を推進し、国際理解を深める。

この基本方針に基づき、平成13年度の重点施策を次のように定めて基本方針の具現化に向けて努力しました。

1.豊かな人間性と暖かさを育むまち

1-1) 豊かな人間性を育む教育の推進
a.生涯学習、生涯スポーツ、芸術・文化活動の振興
(1)各ライフステージに応じた生涯学習・スポーツ等の自主活動のための環境づくりと学習成果の地域社会への還元を図る。

  • 図書の充実
  • 市民スポーツ指導員養成事業の推進

(2)市民の芸術・文化活動を育む文化的環境を整備する。

  • 習志野第九演奏会の開催
  • 習志野文化ホール大規模改修の実施

(3)文化財の保護と史跡の保存を図り、文化財愛護精神を培う。

  • 埋蔵文化財資料室の整備
  • 市史民俗編の執筆
  • 習志野収容所調査研究(図書購入)

(4)市民の生涯学習活動に対する関心の高まりに対応した、地域バランスのとれた施設整備計画を推進する。

  • 袖ヶ浦体育館・暁風館施設の整備
  • 実籾テニスコート施設の整備

b.次代をひらく学校教育の充実
(1)子どもが感動する豊かな体験活動を大切にした、心の教育の充実を図る。

  • 幼稚園鹿野山少年自然の家宿泊保育の実施(市立幼稚園年長児対象)
  • 鹿野山少年自然の家セカンドスクールの実施(小学校4〜6年生)
  • 中学校富士吉田自然体験学習の実施(市立中学校2年生対象)
  • 読書指導員の増員(3名⇒7名)

(2)学校教育において基礎・基本の確実な定着と個性を伸ばす教育を推進する。

  • ティーム・ティーチング補助教員の活用
  • 創意工夫を生かす「総合的な学習の時間」の創造
  • 社会的自立を目指す特殊教育の充実
  • 心身障害児介助員の適正配置
  • 特殊学級の新設(香澄小学校・第三中学校)

(3)いじめ・不登校の解消をめざした心の通う教育を推進する。

  • スクールカウンセラー・心の教室相談員の活用
  • 生活体験コーディネーターの活用

(4)子どもがたくましく生きるための健康の保持増進と体力向上を図る。
学校給食の充実
第五中学校をセンター方式から単独校方式に変更し、調理業務を委託
(5)国際化などの社会の変化に対応した教育を推進する。
英語指導助手の増員(5名⇒7名)
(6)幼稚園教育の充実と子育て支援活動を推進する。

  • 幼保一元化の検討
  • 私立幼稚園等就園奨励費補助の実施
  • 子育てふれあい広場の実施

(7)市民のための高等学校として、魅力ある市立高校づくりを推進する。

  • 習志野高校第二パソコン室機器の更新
  • 習志野高校第二グランド整備

(8)教職員が生きがいを感じ、専門性を高めるための環境整備を図る。
(9)施設・設備や教育条件の整備充実を進め、ゆとりと潤いのある環境の整備を図る。
・給食単独校化の推進
第一中学校給食室の新築設計
第六中学校給食室の整備

  • 第三中学校LL教室の改修整備
  • 谷津小学校北校舎トイレの改修
  • 大久保東小学校図書室整備
  • 津田沼小学校校舎耐力度調査の実施
  • 習志野高校第二グランドの整備(再掲)
  • 小・中学校及び幼稚園の洋式トイレ化の推進
  • 育英資金の給与
  • 入学準備金の融資斡旋および全額利子補給
  • 富士吉田青年の家の施設整備

(10)学習ニーズに対応した学習・教育基盤の整備と学習環境のネットワーク化を推進する。

c.学校、家庭、地域社会が一体となった教育の推進
(1)地域に根ざした、魅力ある学校づくりを推進する。
(2)家庭の教育力向上への支援を図る。
子育てふれあい広場の実施(再掲)
(3)学校・家庭・地域社会が一体となった、青少年が健全に成長できる環境づくりを推進する。

  • 放課後児童会の運営
  • 大久保東児童会室の整備

(4)「総合型地域スポーツクラブ」及び各種スポーツ団体の育成を図るとともに、コミュニティスポーツ活動を推進する。
「総合型地域スポーツクラブ育成モデル事業」の推進
第七中学校区総合型地域スポーツクラブの育成

3.安全で安心な暮らしができるまち

3-4) 地域情報化の推進
(1)情報化社会に対応した教育を推進する。

  • 小学校12校のパソコン機器の更新
  • 習志野高校第二パソコン室機器の更新(再掲)
  • 小・中学校、高等学校におけるインターネット活用の推進
  • 情報処理技術者の活用
  • 第三中学校LL教室機器の更新

問い合わせ先

このページは財政課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9224 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る