このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.68 枠を超え、創造を超える「コラボレーション」【2018年8月1日号】

更新日:2018年8月1日

 少し前、休暇を利用して開業間もない商業・オフィス複合施設「東京ミッドタウン日比谷」に赴きました。

 エレガントな空間が演出される中、ショップ、レストランやカフェ、映画館などが動線上に有機的に配置され、気が付けば建物を一周。回遊性への配慮、テラスやさまざまな店舗同士が醸し出す「コラボレーション」に感動しました。

 調べると、今後の少子超高齢化の進行に伴い、消費行動が減少していくことが予測されている中で、商業ビルの造りも徹底して効率を重視しているそうです。

 習志野市でも、画期的な「コラボレーション」がありました。

 6月14日(木曜日)に行われた千葉ロッテマリーンズの交流戦「ALL for CHIBA習志野デー」では、この日のために企画された習志野高校吹奏楽部・バトン部との応援コラボレーションが大きな注目を集めました。高校吹奏楽部とプロ球団という、今までありそうで無かった顔合わせです。

 翌日の巨人戦を上回る2万9千人もの観客がスタジアムを埋め尽くす中、抜群の「美爆音」とロッテ応援団が一体となり、SNSや動画サイト等インターネット上でも絶賛され、多くの人にインパクトを与えたコラボレーションとなりました。

 6月16日(土曜日)には、習志野市と環境省とのコラボレーションにより、谷津干潟にて、腐敗により悪臭を放つ可能性があるアオサ(海藻)や貝殻の除去活動を行いました。たくさんのボランティアの方々にもご参加いただき、ラムサール条約への登録、鳥獣保護区に指定されて以来、初めて300人もの人が入り、それぞれの思いを形にすることができました。

 この日、約1.6トンものアオサと貝殻を除去しました。約40ヘクタールある干潟全体の中ではまだまだ一部ですが、今後の干潟の保全活動に大きな一歩を踏み出したものと感じています。

 「コラボレーション」による相乗効果には、出会いと交流が生み出す計り知れない可能性が秘められています。これからも習志野市の新しい魅力を発見し、生み出すためのコラボレーション=あしたのハーモニーを、響かせてまいります!

問い合わせ先

このページは秘書課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-7373 FAX:047-453-9312

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る