このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.51 秋=文化に感動する季節【2016年11月1日号】

更新日:2016年11月1日

 秋が本番を迎え各地でまつりやスポーツ、芸術などさまざまな文化活動が繰り広げられています。携わるすべての方々が何らかの努力や工夫を積み重ねてこられた成果が発表されるのがこの時期です。「する側」も「観る側」もいずれも高揚感に包まれています。

 中でも、習志野市美術会主催の美術展覧会「市展」を今年も参観させていただきましたが、数多くの素敵な作品を説明していただく方とのひと時はとても有意義です。私の珍問にも即刻快く答えていただく中で、毎年多くの気づきを感受しています。

 市政に携わって以来、さまざまな「習志野市」に触れていますが、秋は特に印象に残るドラマが多い時です。子どもが大活躍する運動会から各種スポーツ大会、伝統や芸術に関する催し、地域の秋まつり、そして敬老会、どれも感動と刺激に満ちています。毎年これらの彩りに触れて次の年の準備をする…皆さんにお招きをいただく行事ひとつひとつが私にとっての充実した秋なのです。

 人々の自由闊達な活動の中でありとあらゆるものが生まれ動き、栄枯盛衰を繰り返しながら歴史を刻み今に至っています。私は「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」(奥の細道・松尾芭蕉)という一節が大好きです。まさに人類の進化を(うた)っており、同時にそれは文化の変遷を容易に想像できる見事な表現だからです。人の一生は他の動物に比べて長いほうです。しかし、何万年、何十万年とも言われる人類の歴史の中では、長くても120年の歴史しか担わないことを考えると、老若関係なく、必要な一人ひとりが確実に生きている一瞬によって時代が紡がれていることを実感できます。そこで描き作り創造された、人々による作品が大自然と協調して現代が築かれている、文化はまさに時代を進化させる多様性の源泉なのです。

 発想力と転換力の向上が求められる多様化社会の中では、より豊富な知識が必要です。そのすべてをいただける秋、全身を使って栄養と教養を身につけて明日の習志野市をもっと豊かに進化させてまいります。

問い合わせ先

このページは秘書課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-7373 FAX:047-453-9312

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る