このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

都市環境部のご紹介【4月25日更新】

更新日:2016年4月25日

平成28年度が始まりました

 満開の桜もあらかた散り、枝の緑が映える時期になってきました。年度も平成28年度に変わり1カ月が経過しようとしています。学校や企業も節目の行事を終え、市役所も表面上は落ち着きを取り戻しましたが、人事異動と組織の大幅な改編が行われた関係で、仕事が完全にスムーズに進められるようになるには、もう少々時間がかかるかもしれません。しかし、市民の皆様にはご迷惑をおかけしないように努めるのは当然のことです。

新しい施設 次々

 ところで、前年度末と新年度の始めに、二つの大きな施設が供用を開始しました。
 まずは、去る3月30日に都市計画道路3・3・1号東習志野実籾線(※1)の、京成線をくぐるトンネルが完成し、その前後の道路が切り替わりました。このおかげで実籾−八千代台間にあった実籾4号踏切が廃止になり、南北方向の交通の流れが大幅に改善されました。
 習志野市は鉄道、幹線道路とも東西方向には整備されていますが、臨海部と内陸部、つまり南北方向を連絡する道路機能が弱かったのです。これを何とかしようと整備したのが、JR津田沼駅南口から南下する「まろにえ通り」であり、第三中学校脇から京葉道路を跨ぎ総合福祉センター付近に降りるふれあい橋であり、今回暫定の形ではありますが開通した東習志野実籾線です。今後は、市役所通りから総武線、京成線を跨いで習志野警察署脇に出る3・3・3号藤崎茜浜線(※2)をはじめ。懸案となっている道路整備を推進し、都市の骨格づくりに努めていきます。
  ※1と2 「3・3・1号東習志野実籾線」と「3・3・3号藤崎茜浜線」の2路線の整備は、千葉県の事業として取り組
   まれているものですが、習志野市も用地取得に関する業務など、県から委託を受けており、共に事業の推進
   に取り組んでいます。一方、京成大久保駅南口から南下し、幕張本郷駅方面に抜ける「都市計画道路3・
   4・11号大久保鷺沼線」と「3・4・4号藤崎花咲線」の2路線の整備は、習志野市の事業として取り組んでい
   ます。

 新年度に入って早々、4月1日には谷津奏の杜公園がようやく供用開始になりました。JR津田沼駅南口で行われてきた区画整理事業の中で誕生した近隣公園(※3)で、2.2haに及ぶ大規模な公園の開設は、本市にとって久しぶりのことです。


これが谷津奏の杜公園の全景です。

 全景の写真でお判りのとおりほぼ平坦で、しかも遊具等の施設を殆ど設けていません。子どもたちにとっては少々つまらなく感じるかも知れませんが、都市の中にこれだけ広く、しかも上方に遮るもののない空間があることは、豊かな気持ちを育む上でとても有効といえるでしょう。たくさんの幼い子供たちが興じている姿を見ていると、この公園が、いわば情操教育の場になってくれることも期待したくなります。


JR津田沼駅側から海側に向けての風景です。

 都市は、心に潤いを与えてくれる自然的景観がもともと乏しいのですから、特定の用途を決めず、誰もが憩い、遊び、交流できる空間を、人の手で創らなければならない宿命があります。その象徴的な存在が公園です。公園は、それ自体が何かを生産するわけでも経済活動の中心になるわけでもありませんが、その都市の文化の厚み、あるいは深みを表現するもの、と言っても過言ではないでしょう。
 あと数年後には、木々も成長し、夏の暑い日差しを遮る森のような場所も出来ていることでしょう。一面の緑の絨毯と相まって奏の「杜」という名称に相応しい公園施設になる日が楽しみです。
  ※3 近隣公園とは、主として近隣に居住する方々の利用に供することを目的とする公園で、近隣住区当たり
   1箇所を500mの範囲内で1箇所当たり面積2haを標準として配置するものを言います。ちなみに市内の
   近隣公園には実籾自然公園、屋敷近隣公園、袖ケ浦西・東近隣公園などがあります。

新たな組織「都市環境部」について

 最後に新生「都市環境部」についてご紹介しましょう。
 都市環境部は、平成28年4月1日の機構改革によって、それまでの都市整備部と環境部が統合して誕生した新しい組織です。都市計画及び市街地整備に関すること、建築及び開発行為に関すること、道路及び下水道に関すること、そして住宅に関することを担当してきた都市整備部と環境保全及び公害対策に関すること、清掃及び環境衛生に関すること、そして公園及び緑化に関することを担当してきた環境部が一体となることで、環境に配慮した都市づくり、つまり文教住宅都市憲章を活かせる機動力が強化されたと言えます。
 東日本大震災で被災した道路・下水道の施設の本格復旧は完了しましたが、橋りょうをはじめ各種施設の老朽化対策、市街地や都市計画道路の整備、都市機能と自然環境との共存など、抱える課題はたくさんあり、しかも一朝一夕で完成し、あるいは解決できないことが寧ろ通例です。しかし、私たち都市環境部の職員一同、便利で快適な都市・習志野を次世代に残すため、一歩一歩着実に事業を進めていく決意です。「都市環境部」を宜しくお願い致します。

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る