このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

読解力、足りてます!【1月16日更新】

更新日:2017年1月16日

 あなたは本を読むのが好きですか? 

 2015年の「国民生活時間調査」によると、日本人の1日の平均読書時間は12分です。2016年「学校読書調査」で一か月のうち1冊も読まなかった小学生は4%ですが、高校生では57.1%にのぼります。

 昨年12月に経済協力開発機構(OECD)が公表した「国際学習到達度調査(PISA)」において、日本の高校生の学力は、「科学的応用力」と「数学的応用力」では順位をあげたものの、「読解力」は4位から8位に順位を下げ、新聞紙面で「読解力低下」と報じられました。文部科学省は「短文のコミュニケーションが広がる一方、読書量の減少が原因の可能性がある」と分析しています。

 さて、12月2日に「第40回千葉県課題図書 読書感想文コンクール」の表彰式がありました。
全80名の受賞者のうち、本市の児童生徒は実に4割にあたる21名が受賞し、主催する千葉日報社の担当者もこの結果には驚いていました。

そして、栄えある最優秀賞4点のうち、3点が本市の児童生徒の作品でした。

表彰状を手に笑顔の3人
表彰式

 「本を読むのも、作文を書くのも好き」と語る毛原 咲(もはら・さき)さん(屋敷小学校6年生)。
吹奏楽部の部長であり走るのも大好きで、この日のマラソン大会でも学年1位だったとのこと。『戦争で心を閉ざした祖父と少年の交流を描いた本』を通じて感じた、本当の理由をまっすぐ見つけることの難しさ、大切さがしっかりと伝わってくる文章です。

もはらさきさん
毛原 咲さん

  「来年も選ばれるように頑張りたいです」と高久雄輝(たかく・ゆうき)さん(第三中学校1年生)。『実験の成否に関わらず、解剖のために安楽死を余儀なくされる実験動物』という衝撃的な内容から、人と動物の命についての考察を深めていく、明快な筆致です。

たかくゆうきさん
高久 雄輝さん

 福留 萌絵(ふくどめ・もえ)さん(第一中学校1年生)が選んだ本は、『アフリカでひとりでNPO法人を立ち上げた元渋谷ギャル店員の話』。緻密な構成、しっかりした論理展開。考えることは好きですかと尋ねると、「考える時間は生きている間にしかないので」と深奥な回答です。この本に出会い、自分がしたいと思えることが見つけられたと語ってくれました。

ふくどめもえさん
福留 萌絵さん

 球団を保有する大手IT企業による情報サイトの記事の無断転用が発覚しニュースになりましたが、文章を読み書くことを軽視した結果だといえるのではないでしょうか。

本市の読解力は、大丈夫です!

(広報習志野1月15日号加筆修正)

まちづくり広報監 月村

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る