このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

祝満点! 祝名人!【12月15日更新】

更新日:2016年12月15日

習志野魅力探訪「祝満点! 祝名人!」

 問題「648,384÷704」はいくつでしょうか? 
暗算で解くことができますか? 

 今回は本市の子どもたちの素晴らしいニュースです。

左側の写真は女流アマ名人の中学三年生のいそたにまほさん。右側の写真はそろばんのわり暗算部門で十段になった小学二年生のふかやゆいさん。
女流アマ名人の礒谷真帆さん(左)とわり暗算十段の深谷柚衣さん(右)

 8歳の女の子が快挙です。10月23日に習志野商工会議所で行われた「第118回珠算段位認定試験」で、深谷柚衣(ふかや・ゆい)さん(向山小学校2年生)が暗算部門の「わり暗算」で満点(300点/300点)を達成し、最上位である十段に認定されました。本試験での満点達成は、本市では大人も含めて初めてです。
 珠算歴は3年半。小倉珠算学院の小倉義明先生によると、吸収力が抜群で、中学生へのアドバイスを隣で聞いていて身に付けてしまうそうです。段位試験は「きんちょうしていたけど、自信はあった」。十段になった感想は「もっと難しいもんだいをやってみたい」。

インタビューを受ける深谷まゆちゃん
答え一発、御名算!

 冒頭のわり暗算問題ですが、問題を読み上げるやいなや、間髪いれずに「921!」。
御名算です。

古文の「らうたげなり」という表現がぴったりな、まだまだあどけない女の子ですが、将来の夢はという質問に「日本一になりたい!」という答えが、こちらも即答で返ってきました。頼もしい限りです。


 続いては、礒谷真帆(いそたに・まほ)さん(第一中学校3年生)。10月10日、将棋の「第48期女流アマ名人戦」に優勝し日本一に輝きました。
 将棋を本格的に始めたのは小学2年のとき。所司一門将棋センターに週5回通っていましたが、今年は受験生なので夏からは週1回に控えていた中で、見事に名人位を獲得しました。話しながら、くりくりと動く瞳が印象的です。

インタビューを受けながら微笑む磯谷さん
小学2年生で出場した大会で負けたことがきっかけに

 戦型はオールラウンダー。周囲からはバランス感覚に秀でているとの評価ですが、本人は守るより攻めが大好きとのこと。受験を終えた3月には、朝日アマ名人戦全国大会に唯一の女性代表として出場します。将来はプロになることも視野に入れているそうですが、「強いだけではなく、見ている人に楽しんでもらえる棋士になりたい」と力強く語ってくれました。3月が楽しみです。

(広報習志野12月15日号加筆修正)

まちづくり広報監 月村

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る